正直の頭に神宿る

キングオブアベレージヒッターのブログ

イチロー選手、現役引退会見の一部始終を出来る限り書き残してみた

 

f:id:yuukirena1824:20190324145424j:plain

イチロー選手

現役引退を決断されましたね。

 

日本で9年、アメリカで19年目に入ったところだったのですけど

現役生活に終止符を打ち、現役引退することとしました。 

 

まさかの日テレ!中継途切れる・・・!

 

急いでWebから見ることとしました。

 

イチロー選手の引退会見

決断に対して後悔というか思い残したことはないか

今日の球場での出来事

あんなものを見せられたら後悔などというものがあろうはずがありません。

 

人よりは頑張ったということは全く言えないですけども、

自分なりに頑張ってきたとはいえるので

 

これを重ねてきて、重ねることでしか後悔を生まない

ということはできないのではないかと思います。

 

これから野球を始める子どもにメッセージ

野球に限らず、

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つければ

それを早く見つけてほしい

それが見つからないと、壁があるときに諦めてしまう

それを見つけることができれば壁に立ち向かえる

 

28年間で1番のシーン

 

今日が一番だけど、それを除くと

 

色んな記録に立ち向かってきたが、それはたいしたことではない

もちろん記録に向かってはきたが

 

いままで残した記録は、いずれ誰かが抜いていくとは思う

去年の5月から現在までの日々は、ささやかな誇りを持てた

 

ファンの存在

日本のファンの熱量を感じることは難しい

こうやって日本に来て ゲームは静かに進んで行くんですけど

日本の方々は表現することは苦手という概念が覆った

 

最も特別な瞬間になりますけど

あるときまでは自分の為にプレーすることがみんなの為になる

ニューヨークに行ってからは

人に喜んでもらうことが自分の原動力になる

一番の喜びになった

 

貫いたもの貫けたもの

 

野球のことを愛したこと

 

野球観が変わったことはあったか

 最初の2年、1軍2軍を行ったり来たりしたときは楽しかった

3年目までは楽しかった。

4年目から番付があげられて、苦しかった

力以上の評価をされるというのは楽しさだけではなくなった。

それを続けていると

そうじゃない 楽しい野球をやりたくなるという皮肉。

でもこれは、プロ野球を苦しんできた人間でないと

草野球を楽しめることはできないと思っている。

 

 

50歳まで続けると言い続けていた

日本でプレーすることは考えなかったか。

 

考えてはいませんでした。

理由は、いまは、言えないなー。

 

難しいけど言葉にして表現すること

目標に近づくひとつの方法ではないかと思います。

 

これまで費やしてきた膨大な時間野球に向けた時間をどこに使うか

 明日もトレーニングはしていく

ゆっくりしたいという気持ちは全くない。

じっとしていられないので。

 

イチロー選手の生き様で伝わっていたら嬉しいこと

 

生き様はよくわからないが、生き方という風に考えた場合

 

人より頑張ることなどできない

あくまで秤は自分の中にある。

その秤を見ながら自分の限界を見て、越えていく

いつの間にかこんな自分になっている

少しづづの積み重ねからしか自分を越えていけない

 

一気に行こうと思うと、自分とのギャップがありすぎて

結果越えていけない

 

正解とは限らないが、自分の決めたことをやっていく

そうやって遠回りかもしれないが、自分のやったこと

そういうことを見て頂いていたのであれば嬉しい。

 

今後、監督だったりコーチだったり、タレントになったりと色んな方向に進む可能性について

 

あんまり(質問が)シンプルじゃないね

 

そもそも カタカナのイチローってどうなんですかね?

イチロー って変じゃないかなー

書くときどうなるのかな。

 

何になる・・・・? うーん・・・。

 

監督、絶対ムリっすよ

これはゼッタイが付く

人望が無いです。いやー、無理っすねー

それくらいの判断能力は備えているので。

 

プロの世界というよりも、アマチュアとプロの壁はどうしても

日本の場合は特殊な壁として存在しているので

今日をもって どうなんですかね。

いままでややこしいじゃないですか。

例えば自分に子どもがいたとして、高校生だと教えられない

っていうルールですよね。

そういうのって変な感じじゃないですか。

今日を持って 元イチロー になるので、

それは小さな子どもなのか、中学生なのか、大学生なのか

わからないですけど、それには興味がありますよね。

 

今日にいたる以前にも引退を考えたか

引退というより、クビになるという危機感はあった。

ニューヨークとマイアミ 特殊な場所です。

 

引退を決意された理由

マリナーズ以外に行く気持ちが無かった

シアトルに戻してもらって本当にうれしかったし

キャンプ前のオファーの話もしましたが

この春に向けてまだ可能性があると伝えられていたので、

そこも自分なりに頑張ってこれたというのもありましたが

 

で、質問なんでしたっけ あ、言いましたね。

 

菊池選手が号泣・・・

 いや、号泣中の号泣でしょ、あいつ

さいご抱擁したときのコメントについては

雄星が会話の内容を伝えるのはいいけど、僕からは言わないです。

 

僕から声かけてるのに、僕がこんなこと言いましたなんて

今言ったら人としてどうかという話じゃないですか

 

アメリカのファンは最初は厳しかったですよ

日本に帰れってしょっちゅう言われました

結果を残した後の経緯というのは・・・・

 

言葉ではなく、行動で示した時の経緯というのは

その迫力がある。なかなか入れてもらえないけど

入れてもらった時の信頼関係はガッチリある。

 

シアトルでは信頼関係を築けたと、一方的に

こちらからはそう思っています。

ニューヨークはどこよりも厳しい。厳しいが結果を出すとどこよりも熱い

マイアミはラテンの文化があるところで

圧はそれほどでもないですが、結果を残さないと来てくれない

 

シアトルのユニフォームを着て

セーフコフィールドではなくなってしまいましたが

その姿を見せられないということは残念に思います。

 

イチローTシャツについて

 いうと野暮ったくなるから、言わない方がいいし

いうと無粋になるかな

 

弓子夫人に対して言葉はありますか

 いやー、頑張ってくれましたね。

一番頑張ってくれたと思います。

アメリカで僕は結局3089本のヒットを打ったわけですけど

 

妻はおよそ、

ゲーム前妻の握ってくれたおにぎりを食べるわけですが

その数が2800くらいだったわけですよ

そこは、3000個握らせてあげたかったな

と思います。

僕はゆっくりしないですが、妻はゆっくりして欲しいと思います。

 

一弓 いま17歳で、今年18歳になろうかという柴犬です

さすがにおじいちゃんでフラフラなんですけど

毎日懸命に生きているんですが、これをみたらジョークとかではなく

本当に僕も頑張らなければならないと思っていた。

 

2002年に我が家に来たのですが、

僕が現役を終えるまで一緒にいるとは思っていなかったので

本当に感慨深いです。

妻と一弓には、もう感謝の想いしかないですね。

 

打席内での感覚の変化というのはあったか

いるそれー? いるー?

裏で話すわ、後で。

 

数々の決断と戦ってきたと思います

今までで一番考え抜いて決断したものは何だったのか

 

これ、順番つけられないですね。

それぞれが一番だと思います。

ただ、アメリカでプレーするために、今とは違うポスティングでしたが

自分の想いだけではかなわないものなので

当然球団からの了承がないといけないわけで

球団に居る誰かを、説得しなければいけない。

その時、一番に浮かんだのが仰木監督ですね。

その何年か前からアメリカでプレーしたいと伝えてはいましたが

仰木監督ならば敢えて言いますが、うまいものを食べさせたら

味方になってくれるのではないかと思っていたら

まんまとうまくいった。

お酒の力って凄いということをまざまざと見せつけられた

 

仰木監督に教わったことはとても多い

 

現役時代一番我慢したことは何だったか

うーん・・・・

難しい質問だなー・・・

僕は我慢できない、我慢することができない人間なので

やりたいことを重ねている人間なので

体を動かし過ぎないように我慢することをしてました

 

ストレスを溜めないように過ごしてました

 

ロードの食生活は無茶苦茶ですよ

今、聞かれた趣旨の我慢は、思い当たらないですね

 

台湾にファンも多く、伝えたいことはありませんか

チェンは元気にやってますかね?

今のところ台湾に行く予定はないですけども、

一度台湾に行ったことはあります。心が優しい印象でした

 

イチロー選手が後輩たちに託したいものありますか

雄星デビューの時に僕が引退を迎えたのは良いと思っていて

ちゃんとやれよ、という想いですね。

 

短い時間でしたけども、すごくいい子で

やっぱり、色んな選手をみてきたんですけど

左ピッチャーの先発って、変わってる子が多いです。

天才肌、というべきなのかアメリカでも多いです。

 

こんなにいい子いるのかな!ていうくらいいい子ですよ、

今日まで。

 

チームのドレスコードは長旅なので黒いジャージOKなんですけど

雄星、着いたら俺たちどうするー?流石にジャージはマズいだろ

俺は下はTシャツだけど、ジャケットくらいは羽織るよ

雄星は、じゃあ、僕もそうします。

これ、マズいだろーメジャーリーガーがジャージは

 といってたのに、羽田着いたらまさかのジャージ

やっぱ左ピッチャーは天才肌。

スケールの大きさは垣間見た。

 

翔平はケガを治すこと。あのサイズであの動きはいないです。

世界一にならなきゃダメでしょ。

 

イチロー選手が感じている野球の魅力はなんでしょうか 

団体競技なんですが、個人競技だ というところですね。

チームが勝てばそれでいいかというと、そうではないですね。

個人としても結果を残さないと生きていけない。

本来はチームが勝っていれば良いクオリティと思うんですが、

同じ瞬間が無いということ。これは飽きません。

 イチロー選手がいない野球をどう楽しむか

2001年にアメリカに来てから、現在で全く違う野球になりました。

頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような

これがどうやって変化していくのか

次の5年、10年 しばらくこの流れは続くと思いますが

 

本来の野球というのは・・・

これ、言ったら問題になるな

 

問題になるな・・・

 

頭を使わないと出来ないものなんですよ

 

BaseBall 野球の発祥はアメリカですから

その野球がそうなっていることに危機感を感じている人も多いと思います

 

日本の野球はアメリカに通用しないとか考えないでいてほしい

せめて日本の野球は大切にすることを大切にして行って欲しいなと思います。

 

メジャーのオープニングゲームとのリンク

長い質問に対してもうしわけないですが、ないですね。

 

イチロー選手の成功について

何が成功かがわからない。

僕は成功という言葉がきらいなんですけど

 

成功すると思うからやってみたい

だめだと思うからやらない という判断基準では

後悔が残ると思います。

やりたいと思うならやればいい

自分なりの成功を勝ち取ったところで達成感があるのかといえば

それも疑問なので

基本的にはやりたいと思ったことをやる

 

今までで何を得たか

ま、こんなものかなーという感覚ですかね

もっと200本打ちたかったし、できると思ったし

 

最初の3年はチームの勝ち星が多く、

勝つのってそんなに難しいことじゃないなーと思っていたけど

 

大変なことです。勝利するということは。

この感覚を得たことは大きなことですね。

 

ユニフォームを脱ぐことで神戸に恩返しする気持ちは

神戸は特別な街です。

選手として続けることが恩返しになると考えていて

できるだけ長く続けたいと思っていました

 

神戸に・・恩返し・・・

税金は少しでも多く払えるように頑張ります!

 

日本の育成制度について

制度については詳しくは無いんですけど

日本で基礎を作る、MLBで将来活躍するという

礎を作るという前提であれば

できるだけ早くという気持ちはあるかとは思いますけど

基礎を学ぶという意味では制度を語るのはフェアじゃない。

 

日本で学んだこと

基本的な基礎の動きって

メジャーリーグより日本の中学生の方が上手い場合があります

個人としてのポテンシャルはありますけど

その動きというのはかなり苦しみました。

苦しんで諦めました。

 

翔平と対戦できなかったのは残念ですが

あくまで僕がピッチャー、翔平がバッターという意味です。

 

大谷選手はどんな選手になるか

投手で1シーズンサイヤング

打者で1シーズンホームラン王、MVP

次年度投手でサイヤング

普通考えられないことを翔平は想像させることができる

そんなことできる選手考えられない

 

自分が野球選手じゃない姿を想像するのはヤダと言っていたが

僕は野球選手じゃない自分を想像するのを

多分ヤダとは言ってない

 

違う野球選手になっていると思いますよ

草野球を楽しく始めたとしたら、一生懸命やると思います。

 

お腹減ってきた、もー

1時間、20分!?

今日はとことん、お付き合いしようかと思ってたんですけどね

お腹減ってきちゃった

 

プロ野球選手を振り返って

 小林君も集中力切れてるんじゃないの?

さっき質問あったでしょ

ほら、それで1問減ってしまうんだから(笑)

 

僕の夢は一流のプロ野球選手と言っていましたけど

小学生の頃の自分に一言言ってあげるとしたら

 

いやお前契約金1億も貰えないよ って。

ドラ1を掲げていましたけど

いやー、ある意味では、挫折ですよね。

 

イチロー選手の以前感じていた孤独感について

その前のマリナーズ時代

自分は孤独を抱えながらプレーしているとおっしゃっていましたが

その孤独感はずっと感じながらプレーしていたのでしょうか

 

現在、それは全くないです。

今日の段階で、それはないです。

 

それとは少し違うかもしれないんですけど

アメリカにきて、メジャーリーグに来て外国人になったこと

このことは

外国人になったことで、人のことをおもんばかったり、

人の痛みを感じたり

今までなかった自分が現れたんですね。

この体験というのは、本を読んだり情報取ったりすることはできても

経験しないと自分の中から生まれないので

その体験は、未来の自分にとって大きな支えになるんだと

今は思います。

だから、辛いことしんどいことから逃げたいと思うのは

当然のことなんですけど

エネルギーのあるうちに立ち向かっていく

そのことは、人として凄く重要なことなのではないかと感じています。

 

いやー、締まったなー最後!

 

もう、みんな眠いでしょ?

帰りますか!

 

イチロー選手、引退。

ついにこの日が来てしまったんですね。

 

長い間日本の野球選手のトップとして君臨していたイチロー・スズキ。

本当にお疲れさまでした。

多くの興奮と感動を、ありがとうございました。