正直の頭に神宿る

同世代くらいの方に丁度いいかも

子どもがかけっこに勝つ方法。これがシンプルかつ合理的。

f:id:yuukirena1824:20190602001440j:image

ハイ!皆さん。

ユウキノスケイ(Kei Yuukinosu)です。

 

小1の子どもの運動会に行ってきました。

 

ここだけの話。

 

うちの子、足がなかなか速いです。

幼稚園時代、3年連続リレーの選手。

今回もかけっこ1位を期待して、意気揚々と応援に駆けつけます。

 

結果は・・・惜しくもハナ差2着・・・!!

 

理由は色々あるんですが、負けは負けです。

しかし、ハナ差ですよ。ハナ差。

ハナ差は競馬用語っぽいですが、ギリギリ紙一重です。写真判定レベルですよ。


家に帰った後、今日を振り返って運動会のかけっこビデオを観ました。本人はあんまり見たくなさそうでしたけど、実際見たところ。

 やっぱり負けたことは悔しかったみたいで、当日から来年に向けてかけっこの練習を始めることになりました。

 いままでずっとリレーの選手で、走る練習などしたことは無いです。練習を投げかけたこともありましたけど、あんまりヤル気は無かった。

つまりは、自分はまあまあ足には自信があって、だいたい勝てると思ってたんでしょうね。言動にそういったことも出てました。

実際、親としても努力せずとも、ほぼ勝つと思ってました。


で、近所の神社で練習です。

15メートルを5本ほど、フォーム矯正しながら走りました。そしたらタイムが縮みました。

縮んだタイムはほんのわずかです。

にも関わらず、すっかりヤル気出てきて。

もっと長い距離走りたいと。

神社なので30メートル位が限界です。

次は30メートルで、11本。

終盤は疲れからタイムが少し落ちましたが、概ねでタイムがコンマ4秒縮みました。

f:id:yuukirena1824:20190602002441p:image
f:id:yuukirena1824:20190602002438p:image

 

きっかけはかけっこで負けたことですけど、1番子どもがヤル気を出した、喜んだ表情を見せた事は、タイムが縮んだこと。

 

つまり、自分を超えて褒められた瞬間です。

 

今年から本気に取り組んでいたなら、多分今年からは勝ってたと思います。

フォーム矯正しながら宣言通り1年練習したら、来年はぶっちぎりに速いと思います。

1年続けばですけどね!笑


もし、今日ハナ差で勝っていたとしたら、この子は練習などしなかった。わずかでも勝ちは勝ち。わずかでも、負けは負け。

この勝負にはうちの子としても少しハンデがありました。10回やれば8回は勝てる中の、負ける2回が本番で出たような感じです。

 

僕としては、それを感謝してます。

この出来事を思うと、負けることが必然ということは間違いなくあると思います。

 

子供には、小学校1年を完璧に、満ち足りて過ごしてもらう事を望んでなかったからです。

 

うちの子供について親バカを前提で言います。

結構、色々と出来すぎ君で。

f:id:yuukirena1824:20190603000349j:image

このジオウチョコの仮面ライダー達、全員言えます。凄くないですか!?

 

あとは、既に漢字がまあまあ読めるので、絵本のあとがきを読んでます 笑

 

都道府県、なから言えます。

足し算引き算は暗算で3桁までは大丈夫。

太陽系の惑星は全部行けて、干支もオッケー。

 

まあまあ、イケてますよね!?

 

既に知識レベルが小2.3年くらい。精神年齢も少し高い。飛び級制度があれば、上がるカンジです。成長に必要なもののひとつ、敗北からの燃焼。これが欲しいなと思ってました。


子ども自身が、自分の成長のために環境や結果を引き寄せることもあるな、と思います。こればかりは、どうやっても親が演出できない。負けてくれ!なんて、思えませんしねー笑

 

これは自分自身にも言えて、これから自分の成長や人生において必要なことを引き寄せてる。これに気づいて、その表面的な出来事や結果でなく、自らが成長曲線を描けるかどうかだと思います。


というわけで、来年の勝利を予祝です!

f:id:yuukirena1824:20190602003632j:image

f:id:yuukirena1824:20190602003640j:image

青鬼先輩、パンチ効いてます。

酔ってきました。


総括すると


子どもの練習に付き合って、お手本でダッシュしたところ。

お父さん、はやー!

っておだてられて走りまくった。

で、喉が渇いた。ビールが飲みたくなった。

 

喉が渇いた!

 

そんな理由のみで飲んだらつまらないので、今日を振り返りながら御託を並べ、最終的には予祝というところに収まり。

僕が晩酌をする根拠を作り出した。

とも言えますね〜 笑

 

飲みたかったの!やかましいわ。


では、来年の勝利に乾杯!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

Thank you for all very much.