柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

もう一度20歳になれるとしたら、僕は何を志すのだろう~3000文字チャレンジ「20歳のころ」「夏休み」~

f:id:yuukirena1824:20190719000532j:image

ハイ!皆さん。

ユウキノスケイ(Kei Yuukinosu)です。

 

20歳の夏。僕は何をしていただろう。

 

成人式を迎えるこの年、何を思い、どう過ごしていたのだろう。

社会的に一人前としての責任を頂くことができる20歳。

 

自立や独り立ちを促される訳ですが、実質的には学生という人間が大半です。

経済的自立はもとより、精神的にも自立は成されていないというところが現実的な立ち位置だと思います。

実際、僕はそうでした。

 

僕が20歳の頃、何をしていたか。

あれやこれやと熱くなってました!

現実世界の僕は、テニスやってました。

そして、合間を縫ってバイトしてました。地元に帰ってきた友人たちと飲みに行って、各々の進学先の大学近辺のトレンドを話したりしてました。

彼女欲しがってました。

そんな20歳の夏休みを過ごしてました。

 

その他20歳の熱い話は、こちらを検索で!→(#3000文字私を熱くさせたもの 参照)

 

話は変わりまして。

かの有名なMLBにいる野球選手、ダルビッシュ有さん。

 

彼は20歳の時に「トレーニングせずに後悔していた40代の自分が、神様にお願いして20歳若返らせてもらった」

という設定を自らに設けて邁進しているそうです。

現実、プロ野球選手のほとんどは40歳を前に引退しています。

プロ野球選手でなくても、本格的競技からは一線を置くということが多い年代です。

肉体を伴わない仕事の上では伸び盛りだと思いますけどね。

 

丁度40代に差し掛かる僕としては、今現在の自分がどういった状況であるか、

という立ち位置の確認にもなるというところ。

 

それを20歳にして考え、危機感を持って行動していた姿勢はまさにプロだなと。

 ダルビッシュ、スゴイゼ!

 

こういった考えは、20歳だから、ではなくて。

後悔しない自分のあるべき姿を追求できる人だと、自ずとたどり着くようにも思いますし。

既に人生の中で後悔がある人間だからこそ、たどり着いたひとつの考えとも取れます。

 

同じ轍は二度踏まない、という戒めになりますものね。

 

さて、です。

 

自分が人生において選択を繰り返して、今ここにたどり着いている。

振り返ることもあった思春期も過ぎ、もはや進む道に微塵の後悔もない。

むしろ、今あるこの状況を毎日楽しんでいる。

そして、これからの生きる目標なんてものもあり、目的もある。

これから先、何が起こるかワクワクしている。

 

そんな状況ですけども。

 

なんだか20歳と聞いて、想像したいことがあります。

ただの仮説の話になっちゃいますけど。

 

2019年、令和の20歳になったつもりで。

自分が今20歳になったら何をやるかを考えたいと思います!

 

海外留学

30年くらい前には、これからの時代は中国語だ!と言われていました。

そうはいっても世界でシェアが高い英語。

英語を話せると、13億人と会話をすることが可能です。

英語が話せることで自分自身の価値観も含めた世界は大きく変わると思います。

20歳じゃなければ英語を勉強できない、なんてことはないです。今からでも充分できますけどね。

40代では海外旅行はできても、海外留学は難しいかなー。

というわけで、海外留学をしてみたいですね!

20歳、大学生の夏休みに、海外短期留学。

みっちり英語漬けの毎日を送り、英語圏の文化に触れたい。

この2か月は恐らく何物にも代えがたいものになるはず。

想像するだけでワクワクする。

まあ、もっと欲を言えば1年くらい海外の大学に行きたいです。

で、友人を作りたい。

っていうか、もしもなのに欲が無いなー。

海外に行って、英会話はもとよりAIやIoTにまつわる最新の状況なんてものにも触れられたら、これからの生き方に役立つ気もしますね。

 

楽しみだなー。夢が広がるわー(笑)

 

e-sportsに打ち込んでみる

僕の20歳の頃にはそもそも競技自体を知らなかった。

ゲームで賞金が稼げるなんて。ゲームのプロと言ったら高橋名人くらいしか知らないという。そんな時代を送りました。

ゲームカテゴリーをスポーツに絞ります。

実況パワフルプロ野球をトコトンやって、大会に出場したいと思います。

ウイイレでもいいんですけど、やっぱりパワプロかな。

当然阪神タイガースをチョイスしますよ。

今、パワプロってどんなリアリティデフォルメな野球ゲームに進化してるんだろう。

もう10年はやってない。20歳であれば、一日10時間くらいはパワプロに没頭して練習できるな。実際勝つにはそれくらいは必要だろう。

まず変化球は投げた瞬間に判別つくくらいまでは戻したい。

曲がり方も高めと低めで多少変わってくるはずなので、その辺りも追求したい。

野球ゲームやりたくなってきた(笑)

 

当時の僕がそれやったら、親から相当な非難を受けたんだろう。

家庭問題になる事必至ですね。

そうはいっても20歳。

ゲーム漬けの毎日で相当スゴいパワプロ使いになりそうな予感。

 

楽しみしか感じない!

起業をしてみる

これもまた、今でもできる話なんですけど。

なにで起業するか、という話ですね。

現実世界での大学の専攻が情報学科でした。

プログラミングなども多少入っていた講義もありましたが、そっちはあまり深追いせず。PCの使い方から始まり、そこまでマニアックに行かない程度の軽い触り方で卒業しました。

その系譜を引きずっちゃうと起業するとしたらAI系のプログラミングか、アプリケーション開発ですけど。

何を、誰に、どうやって提供するかがグレーだと、ただ起業してもただ消えていくだけだと思うんですよね。

 

今20歳で起業するとしたら、環境を守り、育むことを目的とした法人の設立をしたいと思いますね。

自然エネルギーを世の中に広げて、Co2の削減やゴミ問題の解決に寄与できる団体。

既にあると思いますけど・・・・。

もっと人の役に立つことをしたい。

そういう志で起業して、どこまで突っ走るのか自分自身の可能性を見たい。

なんて思います。

楽しそうだ。楽しそうでならない!

 

体を鍛えてみる

まあ、言っちゃえば今でもできるんですけど。

20歳と40歳では、鍛えたときの伸び代が違う!

ガッキガキの6Packと太い腕、みたいな鍛え方もいいですけど。

まだ20歳の頃は肩が無事な状態ですので。

MAX130kmくらいまでは球速を伸ばしたい!

余計な変化球を投げず、肩を大事に野球をEnjoyしたい!

そんな風に過ごしたいなー・・・・って。

ダルビッシュのネタみたいになってきちゃった。

レベル違うけど。

でも、130kmの真っすぐ持ってて、サークルチェンジでしょ。

肩痛くないからスライダーは投げるとして。

肩壊す原因になったカーブは投げないから、肩は持つでしょ。

で、全く痛みが無い中で今の配球知識と経験はそのまま。

 

これ、結構ヤバい選手の出来上がりだと思うよ。

それこそ全国出場くらいは狙える(軟式で)と思う。

いやー、夢が広がるなー!

ナンパした子と付き合ってみる

これはやったことない。

今やったら人としてどうかと思いますけど。

20歳の夏休み。

男ならナンパのひとつくらいやってもいいと思う。

フリーだし。

しかも、ナンパした子と付き合うって。

僕的に未知の領域だわー。

テンション上がるー!

 

まとめ

ほぼ、妄想で最後まで突っ走りました。

どれも見ると。

決して今できない、というものは少ないことに気づきます。

人間、老け込んだら終わりです。

40代だからとか、50代だからとか。

その年代に応じた楽しみ方もありますが、自分で自分の限界を決めてしまうことほど、自分の可能性を潰している行為はないなー と思います。

 

僕たちは何だってできる。

 

本当に自分がしたいことが何なのか、それを知ってるのはやっぱり自分だと思います。

 

仮説で20歳とつけましたが、自分自身の本音を聞くいい機会だったな、なんて思います。ナンパはやったら面倒なことしかなさそうだから妄想だけでいいけど(笑)

 

やっぱり3000文字はいい企画だな!

 

で、3000文字チャレンジ企画の説明でございます。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

ありがとう。感謝します。ツイてる。

I'm grateful.

I'm the luckiest in the world.

Thank you all very much.

 

前回の3000文字チャレンジはコチラ

www.yuukinosuke24.com