柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

自分と向き合い成長したことを実感する。それが最も成長する手段~楽読スクール体験記#21回目~

f:id:yuukirena1824:20190728231218j:plain

ハイ!皆さん。

ユウキノスケイ(Kei Yuukinosu)です。

 

さてさて、21回目の楽読です。

 

今週はなんと!

僕が体験会でお世話になり、入会の決め手を作ってくれた。僕の中ではお馴染みの、Nさんがwebレッスンに載ってました。

しかも、僕が受けられる時間っていう。

初心に戻ってみる、いいチャンスだと思いました。

ちょっと考え、直ぐ決断。早速予約です。

 

久々のNさん講師のレッスンでした!

 

当日、時間になって参加したところ、生徒は僕を入れて3人。

他に、本来は楽読インストラクターの方が生徒で2人!

5人でのレッスンでした。5人という人数で受けるのは、僕の中では初です。初ではあるんですけど、抵抗感というか、緊張感というか、初対面の人に対して、人間って少なからずそういう違和感みたいなものって感じるじゃないですか。

 

僕、全く感じませんでした。おかしくないですか?

ちょっとおかしいかも、という違和感を感じられるだけ、まだいい意味でまともかなと思うんですが。そういう緊張感を全く感じないというところは、既にいい意味でまともじゃないという感触を得ています。

何言ってるかわけわからないですね(笑)

 

さて、他の受講生の方のお話ですが、僕を除いた2人の生徒さんは、なんと今回が初めてのレッスンということでした。

 

 僕がこのレッスンをチョイスした理由である、「初心に戻ってみる」が、既に実現。この引き寄せ力がハンパない。そう思ったらそうという状態です。自分で言っちゃうのがどうかとも思いますけど。

 

レッスンの時にまず宣言する、「45分後にどうなっていたいか」は、初心に戻って新しいものを見つける。にしました。

 

さあ、レッスンスタート。

楽読を始めたきっかけは?コーナーがありました。初対面の方が多いので、楽読を始めたきっかけについてお話するんですね。

僕が楽読を始めたきっかけ。

自分自身の処理能力を上げる、ということ。

ビジネス本を50分くらいで読めるようになる!だったんですが、もう既にできているので目的は別のことになっています。

11回目くらいから、英語を話せるようになる が次の目的になりました。

これはマッタリと進めてて、英語脳にすることや、英語に慣れることをしています。

 

そして今は、人に優しくなる生き方を探る、というのが楽読を続ける目的になっている。これ、きっと見つかるな。 間違いない 。楽読ならば見つかる。

 

では、実践データです。

21回目の実践データ

 

開始時 420,000文字/分 → 修了時 1,512,000文字/分

 

10分のお題は、1つ目が連想ゲーム

 2つ目が自分のイケてるところ、でした。

 

自分のイケてるところを自分で言うんですね。

僕のイケてるところ。

ポジティブだと自分で思い込んで、ポジティブになってしまったところ、ですね。

 

もはやネガティブな思考が欠落に近い、今日この頃。というか、ネガティブな思考がわかるポジティブな人になれた感じです。

 

この21回目のレッスンを通じて思ったこと。

 楽読レッスンの中で基本となっていることがあります。誰とも競い合わない。他人との比較ではない。あくまで、自分自身の成長の足跡をはかる。

 初心に戻って楽しむ中で、始めた頃はこうだったなぁ、ああだったなぁ、などと考える時間だったこと。始めた序盤は、比較するものでは無いと心では思っていても、例えば一緒にレッスンをする同じくらいの受講回数の人、同世代の人が居た場合に。

 どこかで他人と数値や思考などを無意識に、本能的に比較してしまう自分がいた。比較するなと思ってもついしてしまう気持ちがあった。

 

 今は、全く比較しようと思わない。全く思わなくなっていた。

 

 自分は自分の成長や、今日の目的に対してその時間を満喫し、他の生徒の方やインストラクターの方の発する言葉や感想に、新たな気づきや刺激をもらえる。結果、自分の気づきとなって更に成長を促進される。

 

精神レベル上がってないですかこれ。

ヤバい人に近づいてないですかこれ。

 

今回初めてご一緒した、初回レッスンの2人の方。

僕にはもう、彼らの成長した姿が見える。

・・・・これは、マジで。

 多分、推論ですけど。楽読インストラクターをやっている方の心理として、こういう気持ちの方が、こういう好転した気持ちになる。こういう状況の人が、あれよあれよとこういう風に良くなってる。そんな未来の姿が具体的に(もしくはなんとなく)イメージできちゃうから、楽読講師としての仕事が楽しくて堪らないのかもしれない。

 

 後ろ向きがちで今ひとつ自分に自信が持てない、そんな人がわずか数カ月で180度変わって、数か月前の自分がまるでウソみたい、なんて自分の口から言えてしまう。そんな風に変わっていく姿を目の当たりにできる職業って、あんまり無いですからね。

 その初受講の生徒さん達のこれから先に待っている、変わっている姿を想像しただけで、何故か僕がゾクゾク?ワクワク?しました (笑)ほんと、人の事なのに、「良かったね」と声を掛けたくなるほどに。

 

最後に、コアチューニングの意義について。

普段人は頭でばかり思考するので、気が上にいっている。

お腹を押さえながらやると、お腹に意識が行って気が下がり、思考が止まるので良い効果があるようです。今まではそこまで知らずにやってた(笑)

 

よーし、次回も成長するぞー!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ありがとう。感謝します。ツイてる。

I'm grateful.

I'm the luckiest guy in the world.

Thank you all very much.

 

See you next time.

 

20回目のレッスン感想はコチラ

www.yuukinosuke24.com