柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

座右の銘を心に決めること。自分自身に何かが降りてきた気がする。

f:id:yuukirena1824:20190820234820j:image

ハイ、皆さん。

ビール大好きブロガー

ユウキノスケイ(Kei Yuukinosu)です。

 

少し前に、ある方に質問されたんです。

座右の銘ってなんですか」と。

 

座右の銘

男なら。男であれば、絶対に一度は名乗りを上げたハズ。

格好良さ気な四文字熟語や格言を調べ、「よし!これだ!」と決める。

そして、3日も経てば海の藻屑と消えゆき、「座右の銘・・・何だったっけ?何か決めたなァ」なんて、もはや他人事の境地ですよ。

 

そんなわけで。

昔から、決めようかどうしようか。

考えてはやめ、考えても決まらず。

いつまでたっても定まらない座右の銘

決まらない理由は、コチラに書いてます。

 

www.yuukinosuke24.com

 

こんなひねくれたこと思ってたんですけど、なんだかいよいよ考え方が変わってきまして。

 

座右の銘とは、自分がブレない為に常に自分に言い聞かせる言葉。忘れずに肝に命じたい言葉の事なのかな、と思うようになりました。

 良く言うのも悪く言うのも紙一重なんですけどね。

 

ということで、いよいよもって座右の銘を決めようと。というか、そろそろいい歳だし、座右の銘欲しいなと。

 

今更ですが、

頭の片隅で、ボンヤリと考えました。

 

座右の銘とは

常に見えるところに掲げて覚えておき、自分の生活の戒めとする格言。モットー。生活信条。

※注記
「座右」は、座席の右側のことから、手もとや身辺のこと。「座右」は、「ざう」とも読む。「銘」は、戒めのことば。

(学研辞書より)

 

ほほー。なるほど。

 

で、どーしよーかなぁと思いながら、いつの間にやら1ヶ月程経ちました。

 

そして、ようやく見つかりましたよ!

ピキーンと閃きました。

 

僕の座右の銘

「身心一如」

(しんしんいちにょ)

に決めさせて頂きました。

意味は

身心ともに充実していること。物事に一心に集中しているさま。また、身体と精神は一体であって、分けることはできず、一つのものの両面にすぎないという仏教の考え。

※注記
「身心」は、体と心のこと。「心身(心と体)」ともいい、「しんじん」とも読む。「一如」は、ただ一つであるさま。

(学研辞書より)

 

うん。良い!

身は単純に体に非ず。

身という不常の上に心がある。

心と体は一体。

心無くして体の充実は無く、身無くして心なし

 

平たく言ってしまうと。

常に絶好調だと。中畑清だと(違)

これに決まりです。

 

良いのキターーーー!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ありがとう。感謝します。ツイてる。

I'm grateful.

I'm the luckiest in the world.

Thank you all very much.

 

座右の銘が決まる一歩前の考えはこちら

www.yuukinosuke24.com