柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

八幡屋磯五郎の七味唐辛子、穴の探し方教えます

f:id:yuukirena1824:20200217115033j:image

Hi!How'er you doing?

 

僕は、辛いものがそんなに得意ではない。カレーは中辛、坦々麺は辛味抑え、餃子にはラー油を3、4滴、というレベルである。

得意ではない、とは言うものの、好きではある。本来辛いがウリの料理には、辛味がないと物足りなさを感じる。贅沢なのかな。

辛味がそんなに得意ではないが、無いと物足りない派と言う何とも形容し難い中間レンジの僕は、ピリリと辛いアクセントは好んで加えるのだ。

お寿司、刺身にはワサビは必須。

とんかつや冷奴にはからしが必須。

そして、うどんやそばには七味が必須、なのである。

七味唐辛子については、気分でお味噌汁にも入れるのです。それ位身近なスパイスだ。

 

長野県には、七味唐辛子の老舗がある。

その名を八幡屋磯五郎、という。

 

この会社のテレビCMで、

男の人がだまってそばをズルズルすすっている。その横にちょこんと七味唐辛子の容器がおいてある。

ナレーターがひとこと。

「美味しいのは、お蕎麦です。八幡屋磯五郎

 

そうなのだ。美味しいのは、お蕎麦なのだ。だがしかし、他の七味よりも、八幡屋磯五郎の七味が、よりお蕎麦を引き立てるのだ!

それ以外にも、うどん、味噌汁、豚汁、マヨネーズと混ぜたり、漬物にかけたりと、使い道は多岐に渡るのである。

この万能薬味は、長野県民のソウルフードかも知れない。食べないけどソウルフード、いや、ソウルスパイスかもしれない!

と、認識するのである。

いくら七味が好きだからって、七味だけ食べられないですものね。

 

その、八幡屋磯五郎の七味唐辛子。

結構有名で、県外の方に向けては、お土産にも重宝する代物なのだ。

このフォルム、この輝き!

f:id:yuukirena1824:20200217115022j:image

 

この七味唐辛子の容器なのだが、蓋をくるくると回して七味をパッパッと振り出す訳ですが、八幡屋磯五郎の七味容器の振り出す穴。

 

七味掛けたいのに、穴が見つからない。

 

なんてことがある。

 

回しても全然穴が出てこない。

お蕎麦、伸びちゃうよ!

 

なんてことがないように。

 

位置が決まっているのです!

 

この、容器の。


f:id:yuukirena1824:20200217115028j:image

 

ここんとこ、です。

 

普段はこぼれないようになってますね。

f:id:yuukirena1824:20200217123554j:image

 

この蓋をクルクルまわして、

 

こうなる!


f:id:yuukirena1824:20200217115025j:image

 

この容器の上蓋を

 

f:id:yuukirena1824:20200217123733j:image

 

クルクルまわして

 

こうなる!

 

f:id:yuukirena1824:20200217123758j:image

 

穴を簡単に見つける方法は、七味唐辛子の絵に秘密があります。

 

f:id:yuukirena1824:20200217123944j:image

唐辛子のヘタのところに、穴が!

 

開けるとこんな感じ


f:id:yuukirena1824:20200217115019j:image

 

ロットで位置が変わる、ということは無いのです。この位置に穴があると決まっています。

 

これでより良いお蕎麦、うどんlifeを過ごせること間違いなし!

 

八幡屋磯五郎に遭遇したら、是非ご確認下さい。

 

山椒は小粒だがピリリと辛い。

そんなひと味違う人になりたいものである。