柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

常に最善を尽くして生きることは大事ではあるが、度を越えると迷惑になる。

Hi.How'er you doing?

 

先日、高校の同級生とお墓参りに行ってきた。

誰のお墓参りかと言うと、昨年急死した友人の、である。

www.yuukinosuke24.com

 

彼とは接点があったのだが、それ以外の旧友とは、ほぼ接点のない状態でこの20年ほどを過ごしてきたのである。

しかし、旧知の友とは不思議なものだ。

葬式で同席した人、今回のお墓参りで久々に会った人。

いづれも、高校時代の3年間同じクラスだったというだけなのに、妙に懐かしくてそれほどの違和感もなく、いとも簡単に打ち解けてしまうのである。

 

お墓参りはみんなで集まって、しんみりとしつつ、冗談なども交えつつという中でつつがなく進んだのである。

で、男が5人も集まれば、一杯飲みに行くかと言うことになる。

亡くなってしまった友人と、同級生の一人が何度か行ったという、彼が常連だったであろうお店に向かい、席に着く。

なかなかの老舗感が出ているお店であり、以前から長きに渡ってあったことは知っていたが、僕は初めて訪れた。

料理の味、価格。なかなかバランスの取れた「いいお店」である。

みんなで席に着き、瓶ビールを頼む。

彼の分もグラスを頂き、6人で乾杯。杯を交わす。

 

ともすると、40代の男が久々に集まるわけだ。

どんな仕事をしているのやら、結婚の馴れ初めやら、子どもはいくつになるのやら、最近の体調事情など。一通りの人生の道程的な話が繰り広げられる。

話題としては当然ともいえる。だって、そこから入らないと話が続かないもの。

このお店では、氷頭なます(ひずなます)という鮭の頭の骨、尖ったところをスライスして酢漬けにした珍味を頂いた。

美味しかった。

f:id:yuukirena1824:20200225222415j:image

で、軽い調子で1軒目を終えまして。

2軒目どうする?ということになったのではあるが、あいにくの祭日なのでそこまでいい店の稼働は無いと判断。(パチスロか?)

「Keiくんの通いなれた店とかないの?」

と言われ、悩んだ挙句、最善を尽くすことにした。

過去大学時代にバイトしていたお店をチョイス。偶然にもお店がやっていたので、居酒屋をハシゴするということとなる。

 

1軒目でそこそこお腹も満たされていたから、そんなに食べることもなく。お酒もそこそこ飲んでいたので、ビールをチョイチョイ飲んでたくらいで。

9時半くらいまで楽しんで、お店を後にすることとなる。

これでお開きだったら僕は幸せだったのだが。

 

勢いに乗った男5人は、更にもう一軒ということになる。

「Keiくん、もういっちょどこかないの?」ということで。

「僕が連れてく店は座っただけで5,000円くらいかかるから、辞めといたほうがいい」という忠告をしたのだが、受け入れられないどころか行ってみたい!と。

どんだけ興味津々なんだ。投資5,000円でも回収ないよ!(パチスロか!?)

でもまあ、2軒合計で5,000円くらいしか使ってないというリーズナブルな展開でもあったので、みんな懐に余裕があったのかもしれない。

最善を尽くしておもてなしすることにした。

電話を掛けたら、見事につながる。

と言うわけで、3軒目に行く事となった。

この店は大学時代の後輩が経営しているお店だった。

チャージ料+ボトル代という、いわゆるスナックみたいなね。

早速5人で座って、くつろぐこととなる。

ここが大分、いけなかった。

祭日でお客さんもあまりいないので、そこまでの稼働もなかったということが災い(?)し、長居することになってしまったのである。

お金がどうこうではなく、座ってるだけでお酒の量が増えるのだ。そこで僕は、ついつい焼酎を飲んでしまった。

僕は、焼酎を飲むと翌日にダメージが残るタイプなのだ。

これは、大きな失敗だった。

結局のところ11時半前まで、2時間ほど居たのだ。

会計は破格の3,000円/人 というサービスプライス

初見の人間を大量に連れて行ったので忖度してくれたみたい。

そこから友人の奥さんが迎えに来てくれて、相乗りさせてもらって帰ったのである。

 

帰宅時間は12時を回ってしまった。(車待ってたからね)

 

そして、翌日・・・・。

想像以上にキモチ悪さが残って、朝からリバース。

半日寝ていたら、奥さん呆れて大変な事態となった。

 

「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである」ー松下 幸之助

 

良い言葉ですね。

 

僕はいつも、現在に最善を尽くして生きている。

 

それは過去もそうだし、今日もそうだ。

でも、二日酔いの日は最善を尽くせたのかどうか。

それは、最善を尽くせていないと言えたと思う。

そして、直近2回とも瓶ビールでどうも調子が整わない。

瓶ビールって、合わないのかな・・・?

いづれにしても、である。

やっぱりお酒の飲み過ぎは気を付けないといけないのである。

 

ごめんね、妻と子供たち。