柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

娘の成長を感じながら、2度とない今日を知る

f:id:yuukirena1824:20200302233846j:image

Hi. How'er you doing?

 

長女の幼稚園で、発表会があった。

コロナウイルスの影響を受けて、プログラムの縮小と観覧者制限などを行い実施された。

我が子は年中なので、今年が最後という訳ではないのだが、年長の子供やご両親にとっては寂しい会となってしまった。

園長先生を始めとした先生たちも、苦渋の決断であり、残念だという気持ちがひしひしと伝わってきた。

 

そんな中、発表会の劇や歌を聞いたのだが。

子どもの声量や滑舌の良くなった様、元気で自信の響き、躍動するかのような演技。その一つ一つに成長の跡を鮮明に感じた。

とても感動したのである。

まるでオペラでも観たかのように。

オペラ観に行ったことないけど。

ないんかい。

 

泣くほどじゃないけど、軽く、じんわりとは「キタ」のである。

涙ちょい呼んできたのである。

 

子どもの成長した姿を喜びつつも、つい最近までコロコロして可愛かった姿から、少し大きくなってシュッとしてきた姿を見て、寂しくも思ってしまうのだった。

 

僕はこういう時いつも思うのだ。

今、この瞬間は、やはり2度とは来ないもので、それは子どもの姿であっても、僕たちであっても、そうなのだ。

少し前の姿を懐かしく思うと同時に、今この瞬間の彼女をしっかりと心に焼き付けたい。

 

いつも笑顔で可愛らしい我が娘。

 

彼女を見ると、つくづく思うのだ。

笑顔が幸せを呼ぶなぁ、と。

 

今生 ただ今 このときの生命を

最も力強く活かさなければ うそである

 

今が未来を作る。

 

このただ今をやり切って活きたい。

 

相対的にではなく、自分を出し切って、人生の道を楽しみたいと思うのでした。

 

外からの刺激が1番勉強になりますね。