柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

坂本竜馬の人生から学ぶ-①男児志を立てる

f:id:yuukirena1824:20200504173513j:image

Hi.How'er you doing?

 

司馬遼太郎先生の著作「竜馬がゆく」を通して、感銘を受けた坂本龍馬の生き方。

心に残った場面を書くことにします。

 

新装版竜馬がゆく(1)24頁より

 

兄の権平が、門わきに立ち、

「竜馬、もはや、往け」

と命じ、はかまの前ヒモに両手をさし入れて、朗々と当時流行の詩を吟じはじめた。

権平は不器用な男だが、声だけはいい。

 

男児志をたてて郷関を出づ

学もし成らずんば死すともかへらず

 

-響く詩だと思う。

人生において志を立てて学びを得ようと思う時、学を成すためのみならず、新たな何かを成すために学を得るのだ。学成さねば何も立たない。そんな事を考えます。

 

日々、学びながらまったりと知を得ていますが、時には退路を絶って学びに集中する季節もあって、然るべきだと思うのです。

 

このことに年は関係ないな。

新しい環境に身を置いたとき、それは何もない0からのスタートとなる。そこで何を志して成しえるか、といったことと同じだなと思います。

 

権平兄さん、ありがとうございます。