柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

zoomを使ってオンライン飲み会を開催してみた話

f:id:yuukirena1824:20200506235810j:image

Hi.How'er you doing?

 

ここのところ、オンライン飲み会というものが流行のひとつにある。

このGWに、多分に漏れず参加する機会があった。機会があった、というよりも、参加を引き寄せた感もある。

むしろ、結果的に開催してしまった。

 

参加する経緯は、こうだ。

僕は、学生時代にテニス部に所属していた。

何年かに一度、飲み会的集まりがある

その卒業生達のグループLINEで、こんなご時世なのでオンライン飲み会の話題となる

多少詳しそうな僕に白羽の矢が立つ

ご要望に応え、すぐにzoomでID予約発行

翌日に飲み会開催

 

と、いうわけでした。

 

このグループLINE、大体が自分の先輩なわけなのです。やれと言われたら、返事は「はい」以外はないわけで。

 

そんなわけで、無料でサインアップユーザーながら、飲み会を開催しました。

 

結論から言うと

アリです。またやりたい。

 

zoomさんのご好意により、通常複数人のオンライン接続は40分までのはずが、なんと無制限だったということもあります。

 

それもありますが、今までにない手軽さがありました。

 

【メリット】

・飲み過ぎない

▶︎家のお酒には限りがある

▶︎家では吐くほど飲まない

▶︎ある種のコールや潰し合いもない(古い)

・家族に罪悪感がない

▶︎子どもがウロチョロしても問題なし

▶︎子ども同士が出会える

▶︎子どもも楽しめる

▶︎面倒を多少でも見ながら飲み会ができる

・深酒しない

▶︎二次会、三次会がない

▶︎余計なお金が飛んで行かない

・気軽に会える

▶︎県外なのに簡単に飲める

▶︎9年振りな人もいた

▶︎面と向かった形で会話ができる

▶︎電話よりリアル

▶︎集団だから気軽

【デメリット】

・本音が聞けない

▶︎やはり、軽い会話

▶︎彼ともっとこの辺を、という話ができない

▶︎みんな聞いている

・臨場感が足りない

▶︎ヒリつかない

▶︎あくまで家飲み

▶︎注げないし注がれない

・切りどきが難しい

▶︎フリーだと時間が切れない

▶︎お店じゃないから無制限

▶︎酒が尽きてもオーダーできない

▶︎帰れない

 

こんな事を感じました。

慣れてくれば、それなりに場も荒れる事もあるかもしれないなー、とは思います。

 

いい意味でも、悪い意味でも。

 

zoomの創始者、エリック・ユアン氏は、遠距離恋愛の経験から、こういった仕組みを考え出したという逸話の持ち主。

だからマンツーマンだと、時間無制限なんだろうなぁ。

ビジネスの成功事例は、本当に人の役に立つことなんだと思います。

 

参加した方は基本的にノリが良い方が集まったということもあり、来月もオンライン飲み会を開く方向となりました。またルーム作らないとな。

 

ビジネスシーンでもオンライン接続を駆使して、さまざまなコンテンツを活用していますが、zoomもそのひとつです。

 

よく考えたら、楽読はzoomで受けてました。受けまくってました。

zoom無ければ、今の僕はないのか!?

 

これからも宜しくお願い致します。

 

現場からは以上です。