柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

【映画】マッチポイントを観た感想をかっ飛ばします

f:id:yuukirena1824:20200715000450j:image

Hi.How'er you doing?

 

映画、マッチポイントを観ました。

 

これは前情報は少しはありました。

2005年上映の映画で、監督はウディ・アレン

 

淀川コーエンさんのブログを読んで、機会あれば観てみようかと思ってました。

 

まず、この題名ですね。

 

マッチポイントとは、テニス用語でいうところの、あと1ポイントで試合が終わるという状況を指します。

 

僕は一時期テニスに情熱を込めたことが、あったようななかったような。

どっちかっていうと野球歴が長いような長くないような。

 

そういった過去もあるので、題名からしてちょっと興味が湧いてました。

 

主人公のクリス・ウィルソンはプロテニスプレイヤーだった。しかしトッププロからは身を引き、これからどうしようか、という状況。

 

スポーツ選手であると同時に、オペラを好み、読書家で、詩人。というのが僕の印象です。

 

 

あの、僕の印象と書きましたけど

 

僕がスポーツ選手であると同時に、オペラを好み、読書家で、詩人。

という意味ではありませんよ。

 

「僕の印象」というのは、僕自身の印象ではなくて、主人公クリスについての、僕が彼に抱いた印象、という意味です。

 

僕自身が僕に対する印象はこうだ!と、言ってる訳では、決してございません。

 

いや、誰も思ってないだろ。

 

完全に空振りだ。

 

ちなみに、野球の空振りとテニスの空振りでは、テニスの空振りが圧倒的に恥ずかしいです。

 

はい、どうでもいい情報です。

 

作中の話に戻ると、序盤にドストエフスキー罪と罰のくだりがあり、その回収場面が来たとき。僕の記憶からフラッシュバックで「かの場面」が思い出されました。

 

あのほら、罪の場面のところです。あの緊迫した、ヘンな汗が出そうなあの場面です。

 

かの女性との場面や、あの通った石畳の道や、人気のない景色。

 

若かりし頃感じた、胸の奥にヒンヤリするなにかがある、あの感覚。

 

このヒリついた状況や、マッチポイントを握っているのは誰か、という展開や、コードボール(テニスのネットの上部分。白いところに当たって、どちらに落ちるか分からない状態)がどちらに落ちるかという、運だったり。

そんなことが頭の中で入り混じる話でした。

 

人は何故、罪を犯してしまうのか。

それは、どこまでも利己的なのだろう。

 

スポーツ選手であると同時に、オペラを好み、読書家で、詩人、か。

 

えっ?呼んだ?

 

呼んでないわ。

 

スカーレットヨハンソンは、とりあえず一言で言うと美人で魅力的だった。

 

なんか、あぶらとり紙?

いや、にわとり紙?みたいな。

 

つまりは、コケティッシュな印象。

 

・・・・。

 

これ、ヒドいわ(笑)

 

あの、観た感想はですね。

 

主人公のクリスは彼岸の果てまでも、心が晴れることはないんだろうと思いました。

 

因果応報は必ずある。

このままじゃ終わらない。

やられたらやり返す、倍返しだ!

 

しだー

しだー

 

しだぁぁ・・・(エコー)

 

いやー、メチャメチャかっ飛ばしたなぁ。

 

映画の見所などは、コーエンさんのブログを是非読んでください(丸投げ)

 

ついつい映画を観たくなっちゃう、

淀川コーエンさんのマッチポイントを紹介しているブログはコチラ

https://not-manzara.com/match-point/

 

※許可なくリンクを貼っております。

※私の駄文と淀川コーエン氏は、一切関係ありません。すいません。

 

では、そういうことで。