柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

ちょっと今から仕事やめてくる、なんて思ったことなかった。

f:id:yuukirena1824:20200912025218j:image

どうもどうも。

 

週末の金曜日、ちょっと帰りが遅かったんですよね。

お風呂入って、夕飯食べて、ワンオペ育児の妻と、既に布団に入った子供たちの寝かしつけに追いつきまして。

 

子どもが寝静まったのち、レンタルしてたこの映画を観ました。

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」

 

これもまた、事前情報なしで借りました。

 

どんだけ映画の情報を持ってないんだコイツは、と。

家にテレビないんちゃうかコイツは、と。

 

そうです、チューナーなんていりません。

 

朝起きて寝るまでに、テレビと接しませんもの。再生機があればじゅうぶんです。

 

地上波が映らないのと映画知識無いのは、ほぼ関係ないんだなけどもね。ただアンテナ張ってないだけ。だから地上波映らないのかな・・・

アンテナ違いやないかい!

 

と、まあ。

このような、ちょっとヘンな関西弁を使う、福士蒼汰さん演じる「ヤマモト」と、ブラック企業の営業職、工藤阿須加さん演じる「青山」の2人を中心に展開していく話です。

 

工藤阿須加さんは、西武の工藤こと、工藤公康投手のご子息。

愛工大名電のエースで、大きく曲がるカーブを武器に数々の記録を打ち立てた大投手です。

監督としてもソフトバンクホークスを常勝軍団にするなど、その手腕は凄いの一言。

 

いや、これはだいぶ違う。

 

西武の工藤は、若い世代には伝わらない。

 

なんでやねん。そことちゃうわ。

 

公康じゃなくて、阿須加の映画の話。

 

福士蒼汰くんは、あまちゃんの種市先輩ですな。

 

今更そこかよ!

 

あまちゃんは社会現象でしたからね。

 

僕に俳優語らせると、ある意味ヤバいな。

引き出しが無さすぎて、ある種の芸術の域。

 

で、本編をイッキに観ましたよ。

 

人生、なんか前向きになりたいなって思ってる方は観た方がいい、お勧めできます。

 

で、営業職の方は観ない方がいいかなと思います。テンションおかしくなるので。

 

営業職って、昔はブラックもブラック、どうやって表現しても黒い色の職業でしたからね。

まさに今日、遅く帰った僕がジャストだったのかもしれません。

 

今は様々な働き方の変換は起きて、以前に比べて大分働き易くはなってますけどね。

 

ノルマと言わず、目標値とか。

営業手当という名のサービス残業容認項目を見直しかけたりとか。

体調不良や忌引き以外でも有給使えたりとか。

直行直帰やモバイルワークをどんどん推進したりとか。

 

大分、ブラックカラーが薄まった気がする。

 

僕が営業職という立場にあるからだとは思いますが、幾つかエグい感じを受けました。

 

吉田鋼太郎演じる部長が凄いんですわ。

リアルに、典型的なブラック企業を劇中で表現するんだ!という意気をすごく感じましたよ。

今時、こんな会社はないとは思いますよ。

 

だがしかし、このなんというか、胃が締めつけられるような、過去を現在に持ってきたようなリアリティ満載に感じる臨場感。

 

もうね、青山(工藤阿須加)に感情移入しまくりですよ。

まあ、リアル僕なら上司に歯向かいますけども、青山の心理状態に移入しちゃってますから、大分しんどくなった。

 

これが、営業職の方は観ない方が良いと思う理由です。

 

エンディング終わっても、残念ながら爽快感は薄かった。

むしろ、劇中の企業体質についての改善すべき事柄や、どう意識改革が必要なのかなどなどが頭の中を回るのと同時に、締めつけられた胃のせいなのか、身体が起きてしまって寝付けない。

 

面白いんですけどもね。

 

これだけ観るなといいながらも、家族や友達の大切さに気付いたり、自分の人生の視野や選択肢を、力を抜いて見渡そうという感触を得られる作品だなぁ、とも思いました。

 

色んな意味で、感想を書かずにはいられない、印象深い映画でした。

 

とりあえず青山、その会社は辞めてよし!

 

では、そういう事で。