柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

陸王を今更観ている。合言葉はうまい酒を飲むために!

f:id:yuukirena1824:20200918015014j:image

どうもどうも。

 

陸王

 

今更ですが、観ています。

 

作家、池井戸潤氏の小説「陸王」がドラマ化されたものです。

 

何故、今、陸王を観ているのか。

 

それはもう、完全に、「半沢直樹」の影響が100%でございます。

 

今日も、倍返しの佳境を垣間見ました。

 

最近は 堺雅人氏、香川照之氏、尾上松也氏の出演作品を漁りながら、池井戸潤氏の映画化やドラマ化作品など。

 

派生して観ている感じです。

 

ほんと、池井戸潤氏のこの才能、凄まじいですね。

僕が凄い褒め称えたところで、ご本人は特になんとも思わないとは思いますけど。

 

こちらの感情が持っていかれる、入り込んで熱くなる。

毎回そうなってしまいます。

 

この陸王もそうです。

 

100年続く足袋の老舗、こはぜ屋。

 

この、こはぜ屋が舞台となり

業績も頭打ち、事業も縮小傾向のこの会社、4代目の宮澤紘一社長を中心に繰り広げられるストーリー。

ランニングシューズ「陸王」の開発に全てを賭けた、胸が熱くなる話です。

 

よくもこう、次から次へと困難やらトラブルやら、挫折やら人間の葛藤やらが交錯するものだと思います。

 

現在は物語の中盤あたりですが、外的要因、内的要因、資金面も加わり、先が見えづらいトンネルに入っている状況におもいます。

 

宮澤社長(役所広司さん)、よく心折れないものだと。

 

試行錯誤を続けて、陸王は何とか形にはなっているのですが・・・。

 

こういうストーリーやドラマを観てると

 

物事が上手く行ったり、スカッとしたり、良かった良かったという結末を、もちろんですが望んではいます。

 

その反面で、挫折や困難があってこそ、成就した時の充実感や満足感はひとしお。

 

人生そのものやないですかー。

 

自分自身も働いているから、上手くいかない事もあれば、上手くいく事もある。

 

それこそ、このプロジェクトがコケたらどうなるとか、首の皮1枚の闘いもある。

 

胃も痛くなるし、弱ったメンタルを叩き上げて、歯を食いしばって次の日も何食わぬ顔で戦う訳です。

 

負けたら、諦めたら簡単だけど、諦めない。

 

何でなのか。

 

今、ここにいる次元で頑張っている事。

これは全身全霊やってるし、自分の出せる事は全てやり切ってる。

 

ところが通り過ぎて振り返ると、案外と大した事ない。大変だったけど、大した事ない。

 

次にはもっと大きな壁と向き合ってるから。

 

さらにそれを越えて、更に次も越える。

 

その間にそれっぽい、壁っぽい事が起きた時、既にそれは越えた壁に似ていたりすると、もはやそれは壁ではなく、跨げば越えれる小さな小さな柵になっている。

 

もう、そうなるって分かってるから。

高い壁じゃないと、刺激を感じない。

 

困難を困難と思わない。経験値と思う。

やってる最中はそれどころじゃないんだけども。真剣で必死なんだけども。

 

この壁越えたら、うまい酒飲めるぞー!

 

と思うと、ヤル気しか湧かない。

 

そういう訳で、挑戦をし続ける話は感情移入しちゃって、観ていて心躍ります。

 

チャレンジ大好きです。

 

では、そういう事で。