柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

リンドバーグから藤川球児を連想して、涙しながら未来を考える

f:id:yuukirena1824:20201118004501j:image

どうもどうも。

感動するということを細かく表現できるという事が、文章を生業にしてる方なんだと思うユウキノスケイです。

#僕にはできなそう

 

Amazon Echo アレクサを使って、90年代のJ-POPを流してました。

 

そしたらたまたま、リンドバーグevery little thing every precious thingが、流れて来ました。

 

あぁー、この曲は。

 

もう、彼を連想してしまう。

彼って、そういう意味じゃないですよ

#脱線するな

 

今シーズンで引退した、藤川球児さんですね。

 

https://m.youtube.com/watch?v=FvhVwaPPb38

 

スタジアムに 響き渡る 歓声を吸い込んで あなたは立ち上がる

 

ここで、球児は一気に気力をマックスまで持っていくそうです。

 

それを観ていた僕の感情はマックスまで持っていかれて、泣いてしまいました。

 

球を投げる。これだけで人を感動させる事の出来る人は、そんなに沢山はいない。

もっと言ってしまうと、登場してくるだけで、こんなにも気持ちを昂らせる人はそんなにはいない。

スタンドの人の波が左右に揺れる大合唱を背に、投球練習する姿。

 

引退会見ももう一度観ました。

 

今、僕は。自分の子どもに野球を薦めるか悩んでいます。取り組む事でいい経験になる事も確かにある。自分もそうだったから。

反面、自分がそうだから子どももそうとは限らないし、野球でなくても大切な経験は積む事はできる。素晴らしいことは、この世界には沢山あるから。

 

でも、やはり野球かもしれない。

野球でなくてはならないかもしれない。

 

野球の素晴らしさや、藤川球児のコメントの素晴らしさがわかる、理解できる。

そんな子どもになって欲しいなぁ、なんて思いました。

 

夢をつなぐ。そんな言葉が心に響きます。

そして、矢野監督優勝で噛んじゃう辺りも面白かった。

 

藤川球児、ありがとう。これからも宜しく。

 

では、そういう事で。