柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

人の状況に態度を変えるのではないのです。柳の心でありたい。

f:id:yuukirena1824:20201220181827j:image

どうもどうも。

丸くなるな、星になれ!

競馬の話ですが、2歳戦が得意でないと自覚しているつもりなのですが

何故か2連勝したユウキノスケイです。

#奇跡的な展開

 

今週末、息子が足が痛いと言い出したので巣ごもり的に家で過ごしました。

足が痛いのレベルも色々とあるかと思います。

ちょっとチクチクするとか、ズキズキ痛むとか。歩けない程の激痛から、立てない位のダメージまで。

こればかりは本人に聞かないとわからない。

息子の場合は、引きずって歩く感じでした。

これ、いつどのタイミングで起きたのかが、ホントにわかならい。

金曜日に学校から平然と帰り、その後4時間、テレビ見たり本を読んだりしながらウダウダこたつで過ごし、立とうと思ったら激痛。

 

 

・・・寝違え?足で?ないない。

 

そんな事思いつつ、3日かけて何とか復活の様相に、ひとまずはホッとしています。

それとは裏腹に、妻は心配性なんですね。

心配というものについては、僕は同意できません。というのも、心配はしても意味がないと思っています。

相手のことを思いやる気持ちは大切だと思っています。大切であればある程に、気持ちが募るものでしょう。

相手を思う気持ちと、心配というのは違うと思うわけです。

 

※この先は、私見が満載で振り切りまくった持論が展開されます。読んで後悔するなら、今辞めた方が身のためかもしれません。

とりあえず言いたいのは、読んでも嫌いにならないで(笑)

 

僕は心配はしても意味がない。心配するなら現実を受け入れて、その先の最善を尽くす方向に邁進を考えます。

#なんか冷たいやつ

なんか、メチャクチャだけど笑わせて治すとかそういう方法考えるとか。

そもそも、相手を思う気持ちがあるのなら、常日頃から相手を思いやっている訳です。

例えば、具合が悪くなったら途端に優しくされるとかあるじゃないですか。

熱出して寝込んでる時は親は優しいみたいな。

僕から言わせれば「大事なら普段から優しくしとけ」です。

なんで追い詰められたら優しくすんの。

ピンチに手を差し伸べて「あぁ、やっぱり本当は大切に思ってくれてるんだ」というアメとムチを使いたいのかな。

これは、全く効果ないと思う。むしろ逆効果というか。具合が悪くないと優しくしないなら、子供は具合が悪くなることしか考えなくなる。

そして、親があれこれ不安要素を並べ立てると、子供が余計に不安になる。

だったら、とりあえず全てにおいて「大丈夫だよ」と言うべきだし、いつも笑顔で接した方がみんなの為だと思う。

 

家族に限らない話で、相手の状況で態度を変えるのは一般的だとは思う。

でも、その目線を少し変えて人と接すると、全く世界は違って見えると思うんだけど。

同情すべき状況に陥っている事を聞いてから態度を変えるよりも、自分が常に周りを見る目や視野を持っていることによって、言われる前に違和感に気づく事ができる方が良いなぁと思うし、出来ることならそんな人間になりたい。

 

僕は自分が死ぬかもって思った事があるから、それによって成長させて貰えたのかもしれない。「かも」でなくてそれはまだ可能性がある話だけど。

でも、死ぬかも経験しなくてもそういう気持ちを相手目線で持てる人は、既に一段二段上のメンタリティがある人だと思う。

で、そういう人は例外なく偉大。

 

難しいところだけど、いつもそういう風にありたいなと思っている訳です。

 

f:id:yuukirena1824:20201220232744j:image

ブリとタイをシャブシャブで食べました。

凄い、ハンパなく美味しかった。

 

では、そういうことで。