柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

低学年の息子が抱く悩みを聞いた件

f:id:yuukirena1824:20210122220146p:image

どうもどうも。

低糖質を意識した生活を始めたユウキノスケイ(@yuukinosuke24)です。

#休日は飲みたい

 

我が家の息子は、朝が早い。

我が家で一番早く「行ってきまーす」と元気に出発していく。

この寒い時期なので、学校に行くときには上着を着ていく。息子は、去年妻が買ったモンベルのジャンパーを着ている。

鮮やかな傾向柄のイエローで、軽くて暖かそうだ。なかなか似合っているし、遠目で見てもわかりやすい。

そして値段で言うと、僕の上着より高い。

父親の着てる服が一番安いって、世の中では「あるある」な話しだとは思うが、我が家も恐らくそうだろう。

 

僕の帰宅が遅くなったある日のこと。玄関を開け、ただいまーと言いながら部屋に入ると、何やら家の空気がいつもと少し違う。

話を聞くと、息子がジャンパーを着ないで帰ってきたらしい。

 

この寒い日に?

 

なぜなのか聴いてみると、大体こんな話だ。

・下校の時に、黄色いジャンパーだからバナナと言われた。

・今日だけじゃなくて、ここしばらく、毎日のように言われる。

・今日は4人で帰ったのだけど、帰り道に3人に言われて嫌になった。

・もう言われたくなくて、ランドセルに詰めて隠して帰った。

・黄色いジャンパーがランドセルからはみ出してて、またそれをからかわれた。

・バカにされてるみたいで、もうバナナって言われたくない。

 

ほー、なるほど。

 

妻は黄色いジャンパー買った私のせいなのかな、なんて顔して切なそう。

僕としては、バナナなんて陽気で暖かそうで良いじゃないかと思う。

黄色も幸運の色だから、明るくなって良い事づくめな気分なんだけど。

他者からの指摘が、色の印象やモノの価値、そして家庭の雰囲気まで、こんなにも変えてしまう。小さい子どもが悪意なく言ったことが、人にこんなにも影響を与える。

良くも悪くも、凄いなと思う。

 

そして、僕にとってはどうって事ないことだけど、子供にとっては深刻なことなのだ。

 

いちおう親ですから、子どもの言葉を聞く事にした。

 

その子たちとは普段から仲は良い。

一緒に居たくないわけではない。

言い出した子が原因だけど、その子とも仲は良い。

バナナと言われなければ、一緒に帰りたい。

バナナと言われるなら、帰りたくない。

やめてと言ってもやめてくれない。

 

そうですかそうですか。

息子が自分の言葉で話した悩みはこんなところ。

 

そこで質問してみた。

僕:やめてって言ってもやめてくれなかったの?

息子:そう。

僕:息子が傷ついてるって、相手は感じてるのかな?

息子:思ってないと思う。

僕:言っている相手は、息子を本気でいじめたいと思っているのかな?

息子:違うと思う

僕:どうして違うと思うの?

息子:本気で僕を苦しめるような子じゃないから。

僕:だったらその子に聞いてみたら?

息子:何を?

僕:僕(息子)は、言われてすごく傷ついてるって。だからやめて欲しいって。自分の思ってる事を伝えるんだよ。相手も友達を傷つけたいって思ってやってないと思うけど、どうかな。

息子:そうだね。それで、傷ついても構わないだったら?

僕:しばらく一緒に帰らないとかするかな。そう言われたらどう思う?

息子:そうだね。そんな事言われないと思うけど。

僕:そうだな。ちゃんと言えるね?

息子:うん!

 

果たして、このやりとりがどういう展開になるのか。とても楽しみです。

 

自らの内側から出た言葉で自ら対策を考え、実践を促す。

そのアシストのために聞き役に徹する。

珍しく、上手くできた気がする。

 

仕事モードだと、つい聞いたら答えを返してしまう。それで妻には「答え求めてない」と言われてしまう。それを考えると、僕の聴き力は多少アップしたのではないだろうか。

 

とにかく、自信持っていこう!

やれば、できる!

夢は、かなう!

という、ティモンディ高岸的なノリで我が家は盛り上がったのであった。

 

そして、就寝。

息子:おとうさん

僕:なに?

息子:明日、何を言うんだっけ?

 

息子よ、言うほど気にしてないのではw

内面からかがやく人であって下さい。

 

では、そういう事で。