柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

シルクロードステークスの予想をします。

f:id:yuukirena1824:20210130171320p:image

どうもどうも。

スプリントのハンデ戦は荒れる気がしているので、いつも以上にワクワクするユウキノスケイ(@yuukinosuke24)です。

#どうなるかな

 

シルクロードステークス(G3)

1200m ハンデ戦

今年は中京開催で、過去データがあまりアテにならなそう。

恐らく稍重〜良、荒れ馬場となる。荒れる傾向で考えた方が良いのかもしれない。

逃げ馬の前残りが意外と多くて、複勝率52.5%。

直線が長めなので、末脚勝負も考えられる。

この辺りを考えつつ、中京得意な馬で考えたい。

 

◎13.シヴァージ 牡6 福永祐一

芝もダートもイケる。水陸両用という印象。

上がり最速を芝でずっと出し続けている。

ただ、最後方から着外になっているので、安定感という意味では足りないものの、中京の福永騎手というところで、期待値を上げて本命とした。

 

◯15.モズスーパーフレア 牝6 北村友一

高松宮記念を制した逃げ馬。出足の良さと前残りの傾向があるレース適性から、本命としても遜色がない。鞍上が乗り替わりなのが気になるところではある。

◎とは、高松宮記念の際の斤量差が逆転しているので、印も逆転してみた。

 

▲9.ヴェスターヴァルド 牡4 富田暁

左回りの1400で2連勝中。スプリント戦も対応できる。前目〜中段、切れる脚を出してくるので好勝負に期待したい。

 

以下はヒモ

△2.ライトオンキュー 牡6 古川吉洋

洋芝のタフなレースに勝っている点を評価したいが、G1馬に次ぐ57.5のハンデを背負っているので、ヒモとした。

△10.ルッジェーロ セ6 藤岡佑介

ダートから変わって前走3着。人気は全くないが、左回りが良いのとキンサシャノキセキ産駒は1200が適距離。父が高松宮記念勝ってるし、中京コースで穴開けるかもしれない。

 

以上です。

 

上手く乗っていくといいですね。

 

では、そういう事で。