柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

僕はやっぱりコーヒーが飲みたい

f:id:yuukirena1824:20210202220210p:image

あるとないとでは全く違うものは、意外とどこにでもあるものこそ、そう感じると思うユウキノスケイ(@yuukinosuke24)です。

 

僕の1日の仕事の始まりは、コーヒーを飲みながらスタートしている。

自宅でコーヒーを淹れる、なんていうオシャレな感じはなく、コンビニか缶コーヒーがほとんどだ。

コーヒー飲んで「今日も行くぞ」的な、僕にとっては気持ちと身体にスイッチを入れる役割かなと思う。

僕は営業職でお客様とお話しすることが仕事の一部にある。気持ちに気合というか闘魂というか、精神的なものを入れないと、しっかり走らないナマケモノなのだ。

100円そこそこで生産性が上がるなら、安いものだという割り切りもある。

#たまにニュートラ

#お金貯まらない考え方

 

コーヒーは、決して体に良いばかりのものではないんだろうなと、飲みながら思う。

カフェイン効果で常習性があると言われているし、恐らくそうなんだろう。

がん予防に効果があるとも言われている。だから2杯は飲みましょうと。しかし本当にそうなのかな、と思いながら飲んでいる。むしろ飲み過ぎは胃に悪く、利尿効果があるので脱水に注意が必要だ。

水じゃなく、お茶じゃなく、ジュースでもない。消去法で、時にルーティーンで、時に惰性でコーヒーを選択しているようにも思ったりする。選択の仕方が「なんとなくコーヒー」なんだよね。

コーヒーは大人の階段のような気もしている。コーヒーは苦いからだ。

いつから飲めるようになったのか、今ひとつ記憶が定かではないけれど、恐らくは徹夜が必要になる時期、高校生くらいには飲んでいた気がする。

スイッチにコーヒー、一服でコーヒー、気持ちの切り替えでコーヒー。

味の違いはなんとなくわかるけど、そこまで繊細にわかるかと言えば、そんなことはない。

ビールの方がよっぽどわかる。

 

それでも好んで飲んでいるという位置付けにあり、どちらかと言えば必要なものであり、ないとちょっと寂しい。

 

コーヒーとは、僕にとってそんな存在だ。

 

では、そういう事で。