やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

NHKマイルカップ(G1)の予想

f:id:yuukirena1824:20210508065003p:image

NHKマイルカップ(G1)

 

東京競馬場 芝1600m

 

このレースは逃げ馬が馬券に絡むケースが多い。個人的にはダイワメジャー産駒が強いという印象がある。クロフネ産駒も馬券に絡む事もしばしばある。

この2頭に共通しているのが、パワー型でダート適正がある産駒が多いという点だ。

しかし残念な事にこの2頭の産駒はいない。

 

東京1600mは、中距離をこなせるスタミナと底力も必要と言われている。

馬柱を見る限り、前に行って勝って来た馬が多いようだ。

今回は流石に逃げ切れる馬はいないような気がする。

その前提で予想に振り切ると、東京競馬場の直線の長さを考える。

マイル適正があり、上がりの脚を持ち、底力とスタミナがありそうな血統。

こんな絞り込みが面白いかも。

 

◎8.グレナディアガーズ 牡 川田将雅

朝日杯ウィナーであり、そもそも強い。

血統背景も良いと思う。

フランケルはマイルから中距離まで走った欧州代表馬。母父ハーリントンはアメリカでダートを走った馬だ。フランケルの活躍馬であるモズアスコットは芝、ダートのマイルG1を制しているし、東京適正は高いだろう。

ここは勝負仕上げのはずだし、本命。

 

◯10.ソングライン 牝 池添謙一

前走は大きな不利を受けて、桜花賞で惨敗している。戦績はメンバー唯一の東京マイル含む左回りでオール連対を持っている。

血統的には中距離かなと思う構成にも感じるけど。前回は力を出し切ってないから、疲れはないはず。今回は勝負レースだろう。

対抗でいきたい。

 

▲7.タイムトゥヘヴン 牡 M.デムーロ

前走、バスラットレオンに完敗の様にも映る。

中距離路線から、初のマイル戦がG2。大外から結果2着という見方をすると、好走とも思える。

東京1600mはスタミナも必要なので、マイルから中距離の適正は有利だ。

母のキストゥヘヴンはマイルから中距離の馬で、父ロードカナロア産駒は母の距離適性に柔軟に対応する血統。

左回りでの実績がないのが、強気で推せない。

でも、期待している。

 

実績や戦績を見ると、混戦になりそうな雰囲気は感じる。その中でもこれらの馬が中心となってくれたら、個人的には面白い。