やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

なんとなく安田記念

f:id:yuukirena1824:20210603211939p:image

梅雨入りも叫ばれている今日この頃。

 

日本ダービーも終わり、なんとなく一息つきたい競馬暦かと思いきや。

今週はマイルのG1、安田記念が発走となる。

 

G1を5勝している女傑、グランアレグリア

中2週での出走とはいえ、実績と能力は大分高い。

この馬が中心となることは間違いないと思っているが、何があるか分からないのが競馬。

 

なんとなく、出走馬を見ながら、馬券候補にはどの馬が良いかを考えた。

 

インディチャンプ 牡6 福永祐一

何やかんやでG1になると仕上がってきて好走するという印象の馬だ。

安田記念ウイナーではあるが、6歳馬ということもあり、全盛期は越えたような印象はある。

しかし、軽視は禁物だ。

掲示板を外すことはないだろうな。

 

カラテ 牡5 菅原明良

3連勝でここにきた、ある意味上がり馬。

ツメの不調で少し間は空いているが、マイルで開花した勢いがある。

鞍上は若いが、東京1600は得意レースではないかと見ている。

人気薄なら狙いたいな。

 

グランアレグリア 牝5 C.ルメール

説明不要の女傑。鞍上もルメール

鉄板級の実績と能力だな。

 

シュネルマイスター 牡3 横山武史

鞍上は多分、こうなるだろうなと思った。

3歳馬挑戦は、斤量差を差し引いてもなかなかのリスクだと思っている。

グランアレグリアを見ながらの差す競馬となるのだろうけど、メンバー的には付け入るスキは無さそうに思う。

古馬との差を考えると、現在地では苦戦するイメージだな。

 

ダノンプレミアム 牡6 池添謙一

能力はG1級という評価のまま、朝日杯以降G1勝利から遠のいている。

安田記念は過去2回惨敗しているため、適性は今のところ無い、という判断をせざるを得ないところだが、マイル戦での好成績や、天皇賞秋の2着など。そして今回の鞍上は池添騎手。

難しい判断の馬だ。

戦績が荒いだけに、判断が難しいな。

 

固いのか、荒れるのか。

じっくり考えてみたい。