柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

コロナウイルスワクチン予約から考える、唯一無二の予防法

f:id:yuukirena1824:20210615223458p:image

コロナウイルス感染症対策として、急ピッチでワクチン接種が進んでいる。

 

医療従事者や高齢者が優先で予約して、既に全国で2500万回を超えて、人々に接種されている。

そんな中、とんでもない記事を目にしてしまった。

僕は安い挑発に乗ってしまいがちなので、あまりネット記事は読まない。

しかし、読んでしまったものはしょうがない。

 

感情のままに書きなぐる事にした。

 

記事の内容は、概ねこうだった。

大規模接種会場の予約はネットか電話で受け付けているが、お互い大変だ。

 

・・・という結論の無い、無駄なものだった。

 

高齢者でネットリテラシーが無い人が電話をしてきて、なかなか予約が取れない。

ネット弱者は後回しされる。

いつになったら予約されるのか。

死ねというのか。

というようなクレームや、電話越しの怒号に、受付側も悲鳴を上げている。

体調を崩すセンターの人もいる。

といった内容だ。

 

有料記事だったので、最後まで読めなかったのだけど、この記事に結論が無いことだけは容易に想像できた。

 

書いた人は、誰に伝えたいのか。

仮に「受付側も大変だから、優しく」という訴えだとする。

ネット弱者の高齢者が怒号なのに、ネット記事、しかも有料って。

 

誰が読むねん!(怒号)

 

高齢者側にも物申したい。

電話が繋がらない、予約取れない。

ネット弱者が後回しで「死ねというのか」というコメントも一部の人からあるという。

 

死ぬと思うなら、もっと必死になろうよ。

誰の命かって、あなたの命です。

 

何で与えられるのを待ってるのか。

ネット弱者を認識してるなら、勉強しようよ。

誰でも使えるものなのに、なぜ触れない?

自分が学びを放棄しておきながら、死ねというのかってコメントは横暴過ぎる。

電話待つの嫌なら、初めてのスマホとか本買って、勉強して。

先人が楽な方、楽な方に進んで、如何にして後輩が育つのか。

 

生きてる限り、勉強です。

人にあたるのは、筋が違う。

誇り高き日本の先人として、国を憂う姿の一つでも背中で示してほしい。

 

僕の結論。

コロナウイルス対策は、人を想う気持ちがあれば成り立ちます。

 

人から人に移るんだから、人を想えば絶対に広まらない。

 

広まるはずはない。

 

もっと皆んなが人を愛せたら、いいですね。

 

そうすれば、たった2週間でウイルスは消えて無くなるらしいよ。

 

僕のブログも無駄な記事多いけど、

ブログだからご勘弁ください。