柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

試合で出た課題は、その日のうちに反復すると理解が向上する

f:id:yuukirena1824:20210621231936p:image

日曜日、少年野球の試合があった。

6月も中旬。梅雨入りしているので、土曜日は雨で中止だった。

この時期は天候に左右されるスポーツならではの悩みだと思う反面、恵みの雨とも言える。

たまには休養も必要だと思う。

 

日曜日、低学年の試合も1試合あって、息子は出してもらった。

4年生以下のチームで、大半が初心者。

息子はセカンドについたが、動きは全く分かっていない。

 

結果、1-10で負けた。

負けるのは当然だと思う。

守備は壊滅的にザルだったし、バットに当たっても飛んでいかないし、何より、バットにあまり当たらない。

 

練習していない事は、試合では出来ないからそこは良いとして。

僕の視点で一番気になったのは、2、3年生が走塁を今ひとつ実践できなかった事。

 

僕は、5月末くらいから教える手伝いを始めたので、練習メニューを考える様になった。

 

低学年を見ていて、まずは走塁の基礎の基礎、ゴロ、ライナー、フライの対応と、一塁でのリード、第二リードを教えた。

みんな楽しかったみたいで毎週やっていたのだけど、いざ試合になると、リードができないようだった。

試合の後、今日経験した走塁を思い出して同じ練習をやったところ、イメージが湧いたみたいだった。

その流れで、スライディングもやりたいと騒ぎ出したので、教えた。

みんな形を覚えたらガンガン滑って、ほぼできるようになってしまった。

 

走塁を理解すると、野球のたのしさの幅がすごく広がる。

 

試合で出た課題は、その日のうちに反復すると理解が向上すると思う。

 

負けた時ほど、自分の身になるのはいつの時代も、どんな時でも同じだ。

 

息子は2打数2三振。

涙目で帰って来た時のあの気持ちを忘れずに伸びていって欲しい。

f:id:yuukirena1824:20210621231222j:image