やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

バッティング練習は止まった球から打った方が良い

f:id:yuukirena1824:20210623193326p:image

我が家に野球アイテムがジワジワと増えている。

 

今回は、ティースタンドを購入した。

 

子どものバッティング強化を考えていたときに、構えからスイングまでの一連の流れをしっかり見たい。

停止した球を打ってる姿を横から見たほうが、アドバイスしやすいからだ。

 

今更感タップリというか、順番的に最初に買うべきアイテムな気もする。

 

ゼビオに行って、店員さんに聞いてみた。

ジュニア用のティースタンドは、これくらいしかないようだ。

他にも高性能なやつあったけど、あまりに高くて手が出なかった。

ということで、一択でこれで。

f:id:yuukirena1824:20210623192458j:image

家に持ち帰り、早速組み立ててみる。
f:id:yuukirena1824:20210623192502j:image

超カンタンだった。

 

子どもたちは新しい物好きである。

興味津々で、早くやりたいとのこと。

 

早速子どもたちに打ってみてもらう。

 

色々と、よくわかった。

・ミートポイントがバラバラ

・スイング軌道が変わる

・構える位置が毎回ズレる

 

これは、打つのが大変だろうな。

 

止めた球をあまり打たせないで、動く球のみで練習するとミートポイントはチェックしづらい。

この辺りは教える側が準備してあげなければならなかっと反省。

まだ3年生。これからスタートみたいなものだから、まだまだ間に合う。

 

フォームをリラックスした形に促して行きたい思う。