柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

素直に謝るのは、大切なことだ。

f:id:yuukirena1824:20210702192647p:image

素直さはとても大切だ。

僕は常々、子どもにそう伝えている。

そして、悪い事をしたらごめんなさいと言うことも大切だ。

これも子どもに伝えている。

 

僕は「親とはこうだろう」という概念というか、イメージというか、あるべき姿みたいなものを一応は用意していて、そのように振る舞っている。

基本的には下らないこと言ってスベったり、悪ノリし過ぎて娘に「お父さんキライ!」とか言われてヘコんだりするのが楽しい。

しかし、締めるとこは締めないといけない、と思っている。

そんな風にしているからこそ、しっかり自らが率先しなければならないことがある。

 

先日、息子のバッティングフォームを少し修正したのだ。

これまでは、構えの際のバットのセット位置を高くするのと、タイミングの取り方を教えるくらいだった。

 

打球は当たれば力強さはあるのだけど、スイング軌道があまり見たことが無い感じで。

 

最初はバットに当てるだけで褒めてたのだけど、振り方やバットの握り方を変えた。

 

謝りたいのは、これだ。

 

たまたま、あるバッティングの動画を観た。

 

フライボール革命、宮川理論

 

これは面白そうだと思った。息子もやってみたら・・・いや、まて。

こんなに大幅にフォーム改造はリスクしか無い気もする。

そもそも、身につけてないやつが付け焼き刃で教えることこそ、一番危険な行為だ。

冷静になって、ほかの動画も観る。

 

・蓬莱さんのホーライスイング

 

クーニンチャンネルの動画がヒットしたのだけど、これは衝撃だった。

 

何故なら。

 

息子は8割がた、ホーライスイングだったのだ。

人が練習して身につけるものの原型を、既に備えていた。

 

少しでもスイングについて余計な手を加えた事を、謝らないといけない。

 

ホーライスイングをよく学習して、とりあえず高めを打って練習させよう。

まずは、ごめんねと謝らなければ。

 

よく考えたら、僕は大した事ないバッターですから、僕のイメージするスイングは考えない事だなと思うし、人それぞれ、個性がある。

まずは子どもの特徴を生かしたスイングを伸ばせるように、色んな打ち方や成功例を覚えないといけない。

まずはキッチリと謝りたい。