柳の心を知る

遊び心でしなやかに毎日を楽しもう

野球が上手いって、どういう事だろう

f:id:yuukirena1824:20210721231506p:image

4連休の間、少年野球がある。

寝る間際に息子が言った。

「明日、野球かー」と。

僕としては、聞き捨てならない言葉だった。

野球に行きたくないのかを聞いてみた。

 

するとやはり、試合だと午後まで野球だから、行きたくないらしい。

行きたくない理由は、試合だからだった。

 

息子は低学年で、公式戦は出場機会がない。

ベンチにいるのは、低学年にはまあまあの苦行かも知れない。

 

試合に出たら、楽しいのだ。

つまりは、自分が体を動かして野球がしたいのだ。

そうするには、試合に出るように上手くなるのが一つの手段だな、という話になる。

 

そこで質問してみた。

「野球が上手いって、どういう事だろう」

息子は、うーんと考えた。

なかなか答えは出ない。

質問を変えてみた。

「野球が上手い人って、どんな人だろう」

息子は、またまた考えた。

なかなか答えは出ない。

 

「一人だけ答えてとも言ってないし、上手いと思う人なら誰でも良い。いま、答えが出ないのは誰も思い浮かばないからなのか、何人か思い浮かんで一人に絞るのが難しいのか、どっち?」

すると息子は、何人か思い浮かんだ中から絞れないとのこと。

思い浮かんだ人を全員言ってもらう事にした。

 

「坂本、柳田、グラシアル、大谷、イチロー、源田」

これが、今の彼が思う野球の上手い人だ。

 

質問したとはいえ、息子の口から野球選手の名前が出てくることが、実に興味深い。

 

では、この選手たちはどこがどう上手いのか。

プロ野球選手は、基本的に上手いのだけど、その中で特徴がある。

掛布なら流し打ちとか、川相ならバントとか、川藤なら代打とか、中畑なら絶好調とか、そういう代名詞的特徴だ。

 

一通り、息子に聞いてみた。

息子の野球が上手いとはどういうことなのか、その核心に少しでも触れてみたかった。

 

結果、今はまだ上手いとはどういう事なのかはよくわかっていない。

 

柳田やグラシアルはバッティングが凄いとか、坂本や源田はゴールデングラブを取っていて守備が上手いとか、大谷は投げたら豪速球で、打ったら松井よりホームラン打てるとか。

そういう事は理解している。

凄いと言われていることは凄いと思うようだ。

 

息子たち低学年が野球で練習している事は、自分自身が「もっとこういった(具体的な)プレーがしたい」と思った時に、その基本になるように仕込んでいるのだと伝えた。

具体的なイメージが湧いた時に、飛躍的に伸びる土台づくりをしているのだと。

 

という前提があり「野球が上手いってどういう事だろう」という質問に戻る。

 

まずは、自分が試合で見た選手で「この人がこういう事が出来て上手い」ということを、僕に伝えてもらう事にしてみた。

見て上手いなと思った事を、練習でやってみよう、という事になった。

 

そうする事で、試合を観る意義も上がる。

 

試合をベンチから応援する、観る姿勢が変わると、飛躍的に上手くなる。

 

ようやく、息子はその一歩を踏み出したかも知れない。