やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

八月は夜のバッティングセンターで。

僕はたまに映画を、まれにドラマを観る。

テレビで観る事は、ほぼない。

観ることがあるとすると、Amazon primeだ。

子どもの健全育成の観点から、夜はテレビを観ない。観れるのは就寝後だからだ。

そこでふと、気になる題名があった。

「八月は夜のバッティングセンターで。」

f:id:yuukirena1824:20210910140413j:image

スイングを観ただけで悩みがわかるという、仲村トオルさんが演じる「伊藤智弘」

プロ野球選手という肩書き。

 

バッティングセンター(以下バッセン)に訪れる女性のスイングを見て、ズバリと悩みを指摘する。

「ライフ・イズ・ベースボール」という言葉と、ボールを上空にあげる仕草が合図となって、グラウンドに立っている。

そこはどうやら、伊藤の野球観の世界。

その女性が抱く悩みが浮き彫りになるなか、プロ野球のレジェンド選手が現れて・・・。

f:id:yuukirena1824:20210910140410j:image

悩みに響く言葉を貰い、女性は今より前を向いて進んでいく・・・という展開。

 

第1話では、なんと岡島秀樹さん!

出てきた瞬間、テレビに向かって「岡島ー!」と、叫んでしまったw

 

第2話は、山崎武司さん!

 

登場人物も、なんだかワクワクされされる。

 

1話の時間も20分ほどなので、ちょうど良い。

 

悩みも、ライトなものからドえらく深刻というものまで、人生の選択に直結するなかで、レジェンド選手の言葉が深く刺さる。

観ていて爽やかな風が吹く感じだった。

 

個人的な趣味ではあるけど、野球帽をかぶった女子、すごく、良いと思う。

(マジで個人的過ぎる)

なんだろう、この感じ。言葉にできない。

萌えみたいなやつです。

 

バッセンでカッ飛ばすような、爽快感。

主演の夏葉舞役の関水渚さんも気になる。

僕は多分、全部観ることになりそう。