やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

家族で野球観戦する

f:id:yuukirena1824:20210912085135p:image

本日も少年野球は休みだ。

理由は、市内施設が自粛のため使用禁止となっているからだ。

 

息子と2人で自主練しようかとも思ったのだけど、野球を観に行こうと誘ってみた。

 

僕が所属する会社の野球部の試合があった。

大人の野球を、野球を少し経験している息子に見せたらどんな反応になるのか、少し興味が湧いた。

息子は観てみたいと言った。

娘も、一緒に行きたいと言った。

 

家族で野球観戦することとなった。

 

雨がパラついた中での一戦は、我が野球部が終始リードして進んだ。

能力値をみると、相手チームに数人、明らかに上手い選手がいた。

しかし野球とは不思議なものだ。

 

技術のある選手にボールが飛ばないと守備機会はないし、打席はひとり3から4打席しかまわってこない。

そして、投手の出来で勝敗が左右される。

 

野球はミスのスポーツだ。

ミスが少ない方が勝ちやすい。

 

最終回、5点差で勝っていたのだけど、泥臭い形で連続出塁をゆるしてノーアウトランナー一、二塁。センター前ヒットで1点。レフト前ヒットで2点目。

次のバッターがバットの先っぽに当てて、ボールはおかしな横回転スピン。

サード、ショートのグラブを弾くほどの横スピンボールでレフトに抜けていく。更に1点。

2点差でノーアウトランナー、1、2塁。

あれよあれよと追い上げられている。

点差は2点となった。

 

プレッシャーのかかる場面と言える。

 

しかし、これはピンチではない。

マウンドに集まって一旦落ち着きを取り戻し、ゲーム再開。

サードゴロゲッツー崩れで、ワンナウト1、3塁。

ショートフライで2アウト。

最後のバッター、ショートゴロでセカンドフォースアウト、試合終了。

先発完投した後輩が、以前に比べて格段に制球が良くなっていた。四球を出さないし、落ちるカーブとスライダー、真っ直ぐの出し入れが有効だった。そして、崩れない。

 

追い上げられつつ、結果我がチームが勝利した。

片方のチームに肩入れするほど、没入感がある。そして、ランナーを背負った場面でのヒリつきは、実はプレーするよりも観ている方がハラハラするものだ。

 

そういう場面を切り抜けられるのは、経験も大きいかなと思う。

少しでも、子供も参考になるといいなと思う。