やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

週末の昼はバッティングセンターへ

f:id:yuukirena1824:20210913194149p:image

最近ハマった「8月の夜はバッティングセンターへ。」を、意識した題名にした。

 

休日、自粛で練習がない。

子どもとグラウンドで野球の練習をしようかとも思ったけど、純粋に打つことを楽しんでみる。そんなゆとりがあっても良い。

 

息子と娘を連れて、バッティングセンターに行ってきた。

僕が子どもの頃から通っているバッティングセンターは、歴史が長い。

店主のおじさんは大分ご高齢だけど、未だに頑張って続けてくれている。

本当にありがたい。

 

何が有難いかといえば、その料金設定にある。

1打席40球という球数の多さも凄いのだけど、子どもは6ゲームで1,000円なのだ。

これは僕が少年時代から変わらない。

破格の安さだ。

 

そして(今日は、褒めるだけ褒めよう)と、心に決めていた。

技術面で気になることがあっても、言わない。

ひたすら良いところ、出来たところを褒める事にした。

 

まずは息子が打席に立つ。

40球を打った。

一球ごとに、褒めてみた。

おしい!ナイスバッティング!いいね!ナイススイング!・・・と。

次に娘が打った。

娘に40球は多いとは思ったけど、全部振っていた。

同じく褒めた。

 

そしてまた、息子が打った。

次に娘が。

また息子が。

さらに娘が。

 

まだ打ちたい、もっと打ちたい。

そんな訳で、6ゲームがあっという間に終わり、父は追加でメダルを買う事にした。

驚きだったけど、やりたいというならやらせてやりたい。

 

フォームやスイングは、気になりだすとキリがない。

アドバイスはひとつ。

「タイミングが合えば打てるよ!」だけだった。

 

褒めてだけ終わるのは、お互いに気分がいい。そして、また行きたくなる。

もっといえば、バッティングが好きになり、野球が好きになる。

 

週末の昼はバッティングセンターへ

 

楽しむことの大切さを、噛み締めた。

 

f:id:yuukirena1824:20210913194329j:image

余談だけど、僕も2打席打った。

ホーライスイングが身についたか分からないけど、凄い打球感だった気がする。

130キロ(体感120キロ)をピンボールみたいに打ち返せた。

44歳にして、この打球は何だか規格外ではなかろうか。スタンド入ってもおかしくない打球、そんな弾道だった。

 

努力は嘘をつかないなぁと思う。