やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

一生懸命の教え方

f:id:yuukirena1824:20210917204341p:image

夏のある日、一冊の本と出会った。

日本大学第三高等学校日大三高硬式野球部の監督であられる、小倉全由さんの著書、一生懸命の教え方、だ。

 

日大三高といえば、全国制覇を2度もしている強豪校。その現役監督が筆をとるなんて、なかなか珍しいなというのが印象だった。

 

日大三高といえば、僕の住んでいる地域から越県入学して、主将まで務めた日置航君が思い出される。

そんな事を思いながら、何となく手に取った。

 

本は最初の数ページで買うか買わないかが決まると言っても過言ではない。

少なくとも僕は、いつもそうやって買うか買わないかを決めている。

 

この本には、僕を引き込む魅力があった。

 

序章 いつのときも忘れてはならない指導方針

 

走り出しの序盤で既に心を掴まれて、そのまま買って帰った。

 

家に戻り、読み始めたら一気に読み切った。

序盤から小倉監督の人間味が溢れ出て来て、その現場にある空気感や臨場感、監督と生徒との近い距離感を感じられた。

 

生徒と同じ方向を向いて、一緒に進んでいく、燃え尽きるまでやり切る姿勢。

凄く、熱い気持ちになった。

 

野球を通じて人生における何を学ぶか、という事が大切だと思っている指導者であれば、凄く勉強になる要素が満載だ。

 

小倉監督が、常に生徒に対して思っている気持ち、接し方。そういったことは元より、挫折、失敗談や、その経験から繋がる成功への道筋。

 

腐らず常に前向きに、目の前にあることから一生懸命に取り組む事の大切さ。

そして必ず、その姿は人が見ている。

 

子どもたちに対する姿勢のみならず、人としてどうやって毎日を生きるのか。

 

そんな事を学べる、貴重な一冊だった。