やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

野球を選んだ事がプラスになる根本的なところ

f:id:yuukirena1824:20210922222955p:image

子ども達に質問したいことがある。

 

・野球とは、どんなスポーツか。

 

・声出しは何のためにあるのか。

 

子ども達とブレインストーミングをしてみたい気持ちが強い。

 

どんな意見が出るのだろうか、凄く気になる。

 

子どもの考えや発想は、聞いてみないとわからないという未知数に溢れている。

 

優等生的な意見がでるのか、はたまた奇想天外な意見がでるのか。

僕は、奇想天外な意見を期待してしまう。

 

野球はチームでやる。

打つゲームとか、アウト取るゲームとか、1点でも多い方が勝ちとか。

 

子ども達が思う野球、というものが理解できていないと、チームの向かう場所もわからない気がした。

どう教えたら理解が深まるのか。

教える相手を理解しないと、伝えようがないと思う。

 

聞いてるようで聞いてなくて、聞いてないようで結構聞いてるように見える。

 

個人の力では限界がある。

どんなに凄い選手がいても、その人の打席には限りがある。どんなに凄いピッチャーだったとしても、キャッチャーがいなければ投げられない。

 

チームプレーとはなにか。

個人が良ければチームが負けても良いのか。

逆にチームが勝てば個人はどうでも良いのか。

 

何が自分たちにとって「いい試合」なのか。

 

自分が試合で、場面ごとに何が出来るのかの理解が深まると、ひとつひとつの行動が主体的になるのだろう。

主体的に考えると、試合に限らず練習も考えながらやるという意識になるのだと思う。

この練習は、どんな意図があるのかというところまで考えが及ぶようになる。

 

強いチームと弱いチームの個人差、身体能力の差は、実は点差ほど開いていないと思う。

 

ミスを事前に察知する思考と、リカバリーする経験値の差が、得点差としてあるだけだ。

 

それは練習で身につくものなのだけど、意識しないと絶対に身につかない。

意識する習慣が、無意識の行動に昇華する。

プレーは瞬間で判断するから、無意識での動作が半分以上を占めている。

 

僕は、その基本であり、根底にあるのが声出しだと思う。

 

ボールを呼ぶという声出しではなく、声の掛け合いという意味での声出しだ。

 

ボールはどんな時もひとつだ。

その場面で次にどんな行動を取るのかがわかっている人が、声に、言葉にして相手に伝える事ができる。

 

声に出して伝える力がある人は、主体的に物事を考えている人とも言えると思う。

誰かに向けて、意図を話すからだ。

 

でも、声出せでは声は出さないのが人というもの。何故に声が必要であり、伝える事がいかに大切なのかに気づいてくれる事。

 

野球のプレーだけでなく、野球を選んだ事がプラスになる根本的なところだと思っている。