やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

この屈辱的な経験を活かす

f:id:yuukirena1824:20211018223822p:image

野球チームが大会に出るにあたっては、目的を明確にした方がいいと思う。

 

先日、小学校4年生以下の合同チームで、大会に出場した。

小学校3年生、野球の実力はまだまだ発展途上中の息子は、スタメンではなかった。

 

そして結局、朝から夕方まで1日ずっとベンチにいた。

息子だけではなく、我がチームの低学年5人は、ずっとベンチだった。

 

これは流石に、無いなと思った。

 

勝つことも、大切だ。

それはチームにいる選手の肯定感や、モチベーションの向上につながる。

 

しかし低学年の試合においては、四球とエラーで決まることも往々にしてある。

そして、外野にはそんなにボールは飛ばない。

その辺、上手く調整して全員試合に出してもよかったのではないだろうか。

毎イニング交代とかしながら、全員出すことなんて造作もないと思う。

極論いうと、外野で誰が出たってそんなに変わるもんじゃない。

低学年なんてそんなもんだ。

フライ取れたら盛り上がる程度なもんで。

 

何でこんな事書くのかというと、自分の所属チームの保護者や選手が、少なからずショックを受けていたからだ。

それは、僕とて同じだ。

経験を積ませる前提で作った合同チームで、スタメン以外は出場しないなんてことは、あり得ないと思う。

 

現実問題、力が足りなければ出られないこともある。

低学年の試合においては、それは当てはまるものでは無い。

1打席でも、1イニングでも、フィールドに立つ事が大事な事だ。

 

低学年で勝ちに行くというならば、それはそういうチーム作りをしているところがやればいい。

試合機会を与える合同チームで、これはないな。

でも、ただ転んでいるだけでは勿体無い。

この屈辱的な経験を活かすことにした。

 

息子にはどうして試合に出れなかったのか、色んな話をした。

 

結果、翌日の練習では凄く主体的な動きをしていて、見違えた。

これを続けていれば、凄い選手になるかもしてないな。

そして、周りの子達にもいい影響を与えているように見える。

 

簡単な話、みんなが上手くなれば良いのだ。

少ない中でも、ひとりひとりが際立つようなチームづくりをしていきたい。