やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

試合前のアップ問題

f:id:yuukirena1824:20211108083909p:image

秋深まり、野球シーズンも終わりが近づいている。

残り少ない大会の数を見ると、少年野球における6年生との活動もあと僅かなんだと実感する。

土曜日、ひとつ大会があった。

実りの秋を象徴するかのようなチームの仕上がり具合、優勝を狙える位置にいた。

しかし、結果は初戦敗退。

全く打てずに、完敗した。

秋深し。

 

翌日は午後から練習と試合だったのだけど、久々にフリーバッティングをしていた。

 

みんな気持ち良くボールを飛ばしていた。

 

そして練習試合を迎えたわけなのだけど、メチャメチャ打っていた。

バッティングは水物だとはいえ、いい当たりが連発していた。

 

息子も試合に出してもらった。

いい当たりが出たけど、残念ながらサード正面。6年生の強打も捌くサードだったので、3年生のいい当たり程度では抜けなかった。

 

後の打席は100キロ近い球速のピッチャーが出てきたので、残念ながら三振だった。

タイミングは大体合っていたけど、ボールの下をバットが通過していた。

バットの軌道さえ感覚が入れば、多分大丈夫。

声も出てきたし、成長が嬉しい。

 

チームの話に戻ると、試合前のアップに問題があるのかもしれないと思う。

調整のトス程度しかしていないと、スイングが縮こまってしまうのではなかろうか。

かといって、時間も場所も限られている。

 

この辺りは、より良いものを模索していくことが必要だと思う。

 

子どもが野球を始めてくれたおかげで、小学生に知り合いが増えたのは、何だか面白いなといつも思う。

車で見かけると「オッス」みたいな感じで手を振ったりとかね。

 

そろそろ新チームの足音がしてきている。

6年生には、優勝旗かカップ、何とか取って欲しいなと思っている。