やきゅいく

少年野球×子育て×晩酌 Enjoy Life

ショップ店員さんは着させたら勝ちっぽい

f:id:yuukirena1824:20211108222933p:image

有給を取って、妻とショッピングに行った。

最近の休日、土日はほとんど少年野球なので、ショッピングにお付き合いすることはできていない。

 

女性は洋服が凄く好きだと思う。

男性でも好きな方は多くいるのだろうけど、概ね女性の方が優勢だとみている。

妻もショッピングが好きだ。

 

僕は、スティーブ・ジョブズ派だ。

アインシュタイン派と言った方が良いのかもしれないけど、スティーブ・ジョブズ派、バラクオバマ派なんていうのが今風な気がする。

 

同じ服で特に問題なく、そこにパワーかけるよりほかに・・・という思考だ。

というのは、僕においては後付けの建前論である。

幼少期からジャージが楽でそれで育ち、休日はいつものユニフォームに袖を通す。

そんな生活していたら、同じ服で何も困らないな、と思うようになっていた。

偉そーな事をいいながら、所詮は僕が言う事なのである。

要は面倒くさがりなわけだ。

そのおかげで、僕の洋服センスは皆無と言って有り余るほどだ。

本当に服のセンスがない。

アーノルドパーマーに目覚めた時期もあったけど、今はもう、昔の話だ。

パーマー イズ デッド。

そこから、再び自分の服への興味が薄れている。

 

妻の話に戻ると、好みの服を物色して、試着室でアレコレと着回す。その感想を僕が(センスのない僕が!)伝えたり、待ってる間に店員さんに今の流行りを聞いたりする。

聞いてもわからないけど、とりあえず聞く。

この年でようやく、そんな時間をゆとり持って楽しめるようになった。

 

ファッションバイヤーのMBさんという方がいるのだけど、彼が言うには「良い商品は着せたら勝ち」だそうだ。

僕がそれを聞いて、確かに!と思った。

良い商品は価格もそれなりなのだけど、着てしまったら手放せなくなる。

手に取ると、良いものはわかるはずなのだ。

 

妻が試着中に、店員さんに「これはオススメという、強い服ありますか?」と聞いたら、結構真剣に考えてくれた。

妻はパンツを買う気で来ていたのだけど、スカートも何着か試着していた。

試着したアイテムの傾向を把握しつつ、店員さんは妻の選んだ数種類を肯定しながら、2つのスカートを持ってきてくれた。

妻はそれも試着して、最終的に店員さんが持ってきてくれたスカートを買った。

僕も、そのスカートが良いなと思った。

やはり、プロは違うなと思う。

 

僕が服のセンスどうこうは言えないけど、強いて言うなら試着室の前にはイスは必須だと思っている。

 

そうでないと、待っていられないからだ。

 

このお店は良かったのだけど、この後にもショップを巡った。

試着室の前にイスが無いお店は、僕の心が乱れる。

早く出たくて仕方がないのだ。

立って、待っているのがまあまあツラい。

着るとなると3から5着は着るわけで、そこを越えて、さらに店員さんのプレゼンを聞こうという気が、外野には起きてはこない。

荷物もまあまあ重いわけだし。

 

座ってくつろいで、あわよくばコーヒーの一杯でも出てくるのであれば、多分あと30分くらい試着して欲しい、という気になるのだろう。

 

最終的に、僕も服を買ってもらった。

即決がウリなので、所要時間10分。

しかも、妻チョイスの服という安定感。

 

そろそろ、背広とワイシャツが欲しいな。

作業着の部類なんですけども。